梶井基次郎『檸檬』で知られる“丸善”が10年ぶりに復活! カフェ併設の超大型書店として蘇る

文芸・カルチャー

2015/7/16

『檸檬』(梶井基次郎/角川書店)  “私は体調の悪いときに美しいものを見る贅沢をしたくなる。しかし最近は馴染みの丸善に行くのも気が重い。ある日檸檬を買った私は、その香りや色に刺激され、丸善の棚に檸檬一つを置いてくる”  梶井基次郎の小説『檸檬』に登場する京都丸善。1907年に京都・三条通麩屋町に開設され、その後、河原... 続きを読む