アニメ・マンガ

3年ぶり!! ダークファンタジーの傑作『ベルセルク』ファン待望の新刊が発売!!


『ベルセルク』(三浦建太郎/白泉社)

 日本国内だけではなく、ドイツやフランスといったヨーロッパ圏での人気も高く、全世界シリーズ累計発行部数4000万部を超えるダークファンタジーの傑作『ベルセルク』(三浦建太郎/白泉社)。6月24日、3年ぶりとなる待望の38巻が発売された(電子書籍版も同時発売)。37巻が出たのが2013年3月なので、この日をずっと待ち望んでいたというファンも多いことだろう。

 本作の主人公は、右目と左腕を失っているが、武器が仕込まれた鉄の義手を装着し、身の丈を超えるほどの巨大な剣を振るう「黒い剣士」として恐れられるガッツだ。首筋に「生け贄の烙印」が刻まれ、邪悪なものたちに狙われ続ける宿命を背負ったガッツは、その烙印を捺したゴッド・ハンドと使徒への復讐の旅を続けている。

 最新刊へ至る直近のストーリーは以下の通りだ。

 強烈な「蝕」の体験から精神退行してしまった旧鷹の団千人長であるキャスカの身の安全と精神を回復させるため、妖精パックの故郷へ向かうことにしたガッツ。襲い来る敵を押し返し、元法王庁所属聖鉄鎖騎士団団長でヴァンディミオン家令嬢であるファルネーゼ、その従者であり実の兄であるセルピコ、魔女シールケ、少年イシドロら仲間と一緒に船で妖精島「スケリグ島」へと向かっていたが、途中で巻き込まれた海神たちとの戦いで満身創痍となってしまう。

 一方、ガッツの無二の親友であり、一緒に戦った仲間であったが、蝕によって第5のゴッド・ハンド「フェムト」へ転生した仇敵グリフィスは、戦魔兵を近衛師団とする新生鷹の団を率い、クシャーン妖獣兵団を手先にしていた大帝ガニシュカが化した魔獣を滅ぼして、人類が伝説上・想像上の生き物としてきた怪物などが現実化した現世(うつしよ)と幽界(かくりよ)が完全に同一化した世界「幻造世界(ファンタジア)」を出現させた。グリフィスは法王を取り込み、ミッドランド王女シャルロットと婚約、正規軍の総司令官に就任し、その圧倒的な力から“光の鷹”と崇められ、新たな都市「ファルコニア」に君臨している。

 38巻は元旧鷹の団団員で、ガッツの武器を作り上げた鍛冶屋のリッケルトがファルコニアへやって来るところから始まる。果たしてリッケルトはグリフィスに何を伝えるのか? そしてガッツ一行は、無事に伝説の大妖精「花吹雪く王」の治めるエルフエルムへたどり着くことができるのか? 読者は重厚なストーリー、そして細密画のように細かなところまで描き込まれた画面いっぱいに広がる描写、そしてド迫力のアクションシーンに今回も圧倒されることだろう。

『ベルセルク』38巻&『ヤングアニマル』(3号連続)連動プレゼント企画もスタート!

 コミックスと同じ24日に発売される『ヤングアニマル 13号』から本編再開となる最新話が掲載され、それと合わせて最新話と38巻をつなげる1話が再掲載される。付録として、7月から放送が始まるアニメ『ベルセルク』(MBSほかアニメイズム枠、WOWOWにて放送開始)の内容とリンクする100ページの別冊付録が13号、14号の2号連続で付いてくるので、ファンは是非とも入手してほしい。そして6月より白泉社「ジェッツコミックス」が「ヤングアニマルコミックス」へと名称を一新、新レーベル第1弾となる38巻の刊行に併せて、第1巻の表紙イラストが三浦建太郎先生によって新たに描き下ろされ、既刊はすべてカバーデザインがリニューアルされている。

新たに描き下ろされた『ベルセルク』1巻

 さらにPlayStation 4、PlayStation 3、PlayStation Vita向けのゲーム『ベルセルク無双』も2016年9月21日の発売が予定されるなど、各所で盛り上がりを見せる『ベルセルク』。次巻39巻は2017年刊行予定とのことなので、今回ほど待たされることはなさそうだ。1989年の連載開始以降、数々の遺恨、そして幽界の最深奥に存在しているものとは何かなど、明らかになっていない様々な謎がある作品だけに、続きを渇望するファンとしてはぜひとも定期的な連載をお願いしたい。三浦先生、よろしくお願いいたします!

文=成田全(ナリタタモツ)

■『ベルセルク』オフィシャルサイト

■アニメ『ベルセルク』公式サイト

・メイキング(リピート放送@WOWOW)
・映画3部作(リピート放送@WOWOW)

■ゲーム『ベルセルク無双

ティザー映像は海外でも公開され、その注目度は高い

SHIBUYA TSUTAYAで見れるかも!?『ベルセルク』オリジナルTシャツ



この記事の画像

  • IMG_1515
  • before
  • berserk001_初
  • ya_0170
  • ヤングアニマル2016年13号表紙

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ