内田篤人が絵本の主人公に!? 326(ナカムラミツル)とのコラボ作『がんばれ! ウッチーマン』

スポーツ

2016/7/4

    img01

 プロサッカー選手である内田篤人が主人公になるはじめての絵本『がんばれ! ウッチーマン』が、2016年7月26日(火)に発売される。

 同書は、日本を代表する不動の右サイドバックにして蹴球界屈指のイケメン選手と、音楽ユニット「19」の元メンバーで現在“イラストライター”として活躍中の326(ナカムラミツル)がタッグを組み、「あきらめない勇気」「仲間とのきずな」をポップなタッチで描くぼうけんの物語だ。

<あらすじ>
ふつうの小学生のウッチーはある日、ふしぎな世界に迷い込んでしまいました。
その世界でウッチーは伝説の勇者としてあがめられていて、お供を連れて怖い魔王を倒しにいくことに!
その魔王とサッカーで決着をつけることになり……?

    img02

絵本をプロデュースすること、一応(笑)主人公になること、しかも昔からご活躍を見ていたミツルさんに描いていただけることを聞いたとき、すごく驚き、興奮しました。サッカーは仲間や相手がいてこそ成立するスポーツで、お互いがリスペクトし合うことが大切です。
この物語を読んでくれた子どもたちが、諦めない心や、周りにいる人たちをもっと大切にしよう、ケンカしているお友だちと明日仲直りしよう、なんて思ってくれたら嬉しいです。僕は今、本当にたくさんの方々に支えていただき、ピッチへの復帰を目指しています。復帰したら、「伝説の勇者」のような活躍ができるようがんばりますので、どこかで見かけたら、「がんばれ! ウッチーマン」と応援してください。内田篤人

プロとして絵を描き始めて20年……今回のこの絵本ほど大変なチャレンジはありませんでした。正直何度も挫けそうになりましたが、物語の中のウッチーのあきらめない姿に僕も勇気をもらい、なんとか最後まであきらめずに描き切ることが出来ました。僕と同じようにみんなが……この本からあきらめない勇気をもらってくれたらなぁ。と、そう願っています。そして今、懸命にリハビリを続け、復帰へ向け一歩一歩その長き道のりを歩んでいるであろうウッチー本人にも少しでもこのエールが届いてくれたらいいな……とそう願っています。326(ナカムラミツル)

 子どもたちだけでなく、サッカーファンのお父さん、イケメン好きのお母さんも楽しめる。アーティスト・ナカムラミツルの新境地である同書を家族みんなで楽しもう。

img03

■『がんばれ! ウッチーマン
監修:内田篤人
作/絵:ナカムラミツル
価格:1,300円(+税)
発売日:2016年7月26日(火)
発行:PHP研究所

    img04

内田篤人(写真左)
1988年、静岡県生まれ。サッカー日本代表の不動の右サイドバック。2006年、鹿島アントラーズに入団。即レギュラーになり、Jリーグ3連覇に大きく貢献した。その後、19歳で日本代表に選出される。2010年、ドイツの「シャルケ04」に移籍。レギュラーとして活躍し、チャンピオンズリーグ・ベスト4入り、ドイツカップ優勝など、数々のタイトルを獲得している。著作に『僕は自分が見たことしか信じない』『僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版』『淡々黙々』 がある。

326(ナカムラミツル)(写真右)
1978年、佐賀県生まれ。学生時代より326(ミツル)として作家活動を開始。1997年のデビュー以来、イラスト、詩、作詞作曲、絵本、小説、漫画、音楽やゲームのプロデュースなど、幅広いフィールドで創作活動を展開しているポップアーティスト。『326III[ナカムラミツル作品集]』『みにくいこねこ』『やさしいあくま』『かげろうかーくん』『いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。』『あかちゃんからのラブレター』『キミが、たいせつ。』など著作多数。

※掲載内容は変更になることがあります。