『ソードアート・オンライン』が内閣サイバーセキュリティセンターとタイアップし話題に! 「内閣とコラボなんてすげぇ!」

マンガ・アニメ

2017/2/4

    img01
    『ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル』(著:川原礫、イラスト:abec/KADOKAWA)

 VR(仮想現実)の世界を舞台にした川原礫の小説『ソードアート・オンライン』(以下、『SAO』)シリーズ。2017年2月18日(土)から公開される「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」と内閣サイバーセキュリティセンターがタイアップすることが発表された。この知らせにファンからは「内閣とコラボなんてすげぇ!」と驚きの声が上がっている。

 今回のタイアップ企画では、同作の主人公・キリトがサイバーセキュリティ調査官に任命。内閣サイバーセキュリティセンターが企画する「サイバーセキュリティ月間」をより多くの人に周知するために、キリトや「SAO」の仲間たちが月間ポスターやウェブバナーに登場したり、内閣サイバーセキュリティセンター主催のイベント会場でサイバーセキュリティの大切さについて呼びかけを行う予定だ。

 『SAO』は、VR技術がさらに発展した日本で、次世代オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」が天才プログラマー・茅場に支配され、ゲーム内での生死が現実に反映されるようになってしまう…というところから物語が始まる。そのため、サイバー上の情報セキュリティ対策の重要性を説いている内閣サイバーセキュリティセンターのタイアップには「サイバー世界の平和をまもるキリトとか小説やアニメまんまじゃん。適役すぎ!」と納得の声も続出中。

 今回のタイアップは、国民に親しみやすいメディアの影響力に着目し企画されたもので、2016年には『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』とのコラボも行っていた。『SAO』『攻殻機動隊』とテーマにぴったりな作品とのタイアップを企画してきた内閣サイバーセキュリティセンター。これからもさまざまな作品とのコラボを期待したい。
◎内閣サイバーセキュリティセンター「サイバーセキュリティ月間」特設ページhttp://www.nisc.go.jp/security-site/month/index.html

■「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」
公開:2017年2月18日(水)
原作:川原礫
監督:伊藤智彦
出演:松岡禎丞、戸松遥 ほか
公式サイト:http://sao-movie.net/