ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」

「美山加恋」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】

美山加恋

 編集部が注目する声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第154回となる今回は、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のキュアホイップ/宇佐美いちか役、「エンドライド」のアリシア役などを演じる美山加恋さんです。

――「キラキラ☆プリキュアアラモード」にキュアホイップ/宇佐美いちか役で出演されていますね。

美山:役が決まったって聞いた時はすごく驚いて「何色ですか!?」って聞いちゃいました。「ピンクだよ!」って言われたから、ホントにびっくりしましたね(笑)。

――いちかちゃんは、どんな女の子?

美山:ものすごく優しいお父さんとお母さんに育てられた普通の女の子なんですけど、人と違うのは、お母さんが昔作ってくれたスイーツが大好きで、そのスイーツのことを考えればいつでも元気になれるところ。だから、スイーツを壊そうとする悪者がいると、大好きなスイーツを守るために戦うんです。純粋さと強さ、それに親しみやすさもあるんですよ。ズッコケ系というか、ギャグやダジャレも言うんです(笑)。

――美山さんもダジャレ、言うんですか?

美山:言うほうだと思ってたんですけど、この前「全然言わないじゃん!」って言われてショックを受けました(笑)。だから、いちかちゃんは、テンションが高い時の私と似ている感じですね。

――じゃあ、ダジャレのセリフも堂々と言えそうですね(笑)。

美山:そうですね。ギャグを言う時の表情とか、演じていて楽しいです(笑)。そういう表情が「おジャ魔女どれみ」っぽいんですよ。制作チームに「おジャ魔女どれみ」を書いていた方がいらっしゃるみたいで。

――小学1年生の頃からプリキュアシリーズを観ていたそうですが、プリキュアのどんなところが好き?

美山:普通の女の子が変身して、しかもめっちゃ強くなるところ。観ているほうもそれを想像できるところが素敵だなって。小さい時、自分も強くなって悪者を倒すっていう想像をしたことがあったので。キュアホイップは素手ではなくホイップで敵を退治するんですけど、今までのプリキュアの強さを引き継いでいると思うし、やっぱりすごく強くてかっこいいなって思います。

――美山さんはもともと女優として活躍されています。初めての声のお仕事は?

美山:6歳の時、「NARUTO -ナルト-」のいっちばん最初の劇場版でゲスト声優をさせていただいて、それからは吹き替えやアニメ作品などに。6歳の時は、まだ絵に合わせてセリフを言うことは考えずに、スタートしたらセリフを言う…っていう感じでした。まだキャラクターに人の声を乗せているなんて知らなかったので、現場でナルトやサスケを演じる声優さんにお会いして、この方々があの声を出してるんだ…って初めて知りました(笑)。

――最近では、劇場版「ももへの手紙」や「エンドライド」にも出演を。これから演じてみたい役柄は?

美山:去年までは元気な女の子を演じてみたいと思っていたので、いちかちゃんを演じられてすごく嬉しいです。それまでは、複雑な想いを抱えているような女の子が多かったので。新たな目標は動物の役! アニマルなしゃべり方を勉強してみたいですね。プリキュアにも出てくるペコリンみたいに、語尾に「ペコ」ってついてたりとか。「もふ」みたいにしゃべるキャラクターとか(笑)。

――趣味は「漫画・アニメ」だそうですね。「NARUTO -ナルト-」の他にも観ていたアニメは?

美山:小学校の頃はやっぱり夕方帯のアニメをひたすら観てました。「銀魂」「(名探偵)コナン」「金色のガッシュ!!」「焼きたて!! ジャぱん」とか。ビデオで借りてたのは「(美少女戦士)セーラームーン」とか「きこちゃんすまいる」。「(学校のコワイうわさ)花子さんがきた!!」みたいなホラー系も観てました。

――特に好きだったキャラクターは?

美山:「コナン」の服部平次です!

――特技は「おかし作り」。どんなお菓子を作るのが好き?

美山:自分のためというよりも、お母さんや友だちに作るので、喜んでもらえるサプライズ系のお菓子が好きなんですよ。中身がトロッと出てくるフォンダンショコラとか。開けたらびっくり! みたいなものを。

――バレンタインのチョコを手作りするようなことも?

美山:小さい時、片思いしてた男の子に作ったことありますよ。その子、マリオみたいな飛び方をするから、みんなからマリオって呼ばれていて。マリオとかキノコの顔をチョコレートにしたり、丸いチョコにMって書いたりして、マリオ推しにしました! 見た目はびっくりしてたけど、味は美味しかったと思います(笑)。

――昨年の12月12日にハタチになったんですね。これからオトナとして挑戦したいことは?

美山:車の免許を取りたいですね。すごくアクティブなので、すぐに温泉とか山とか海に行きたくなっちゃうんですよ。免許を取ったら、この前CMで見た“日本一小さい山”を見てみたい! あと、すごく高い山に登って雲を下に見たいです。飛騨高山もいいですね。飛騨牛が美味しいし、山に登れるし、温泉にも入れるし。

――温泉や山、リラックスできそうですね。

美山:美味しいものを食べてリラックスするのも好きで、食べ物に対する欲は常にあります(笑)。今気になってるのは、自分で海鮮を焼く“浜焼き”なんですよ。でも、東京にはなかなかないから、千葉とか日本海側まで遠出しないと。

――車はどんな車種に乗ってみたい?

美山:高校生くらいの時はずっと、1960年代くらいのレトロな感じの車に乗りたかったんですよ。黒い煙がモクモク出るような。でも、最近はそういう車が減った気がするし、たぶん環境にも良くないので、もっと環境に良さそうなハイブリッドな車に乗りたいです(笑)。

――車にくわしそうですね!

美山:「クレヨンしんちゃん」に「オトナ帝国の逆襲」っていう映画があって、万博の時代のことが描かれているんですけど、その中に出てきた古い車を見てかっこいい! と思ったのがきっかけです。

――普段、仲がいい声優さんはいますか?

美山:こちらから仲良くしていただいているのは、「キラキラ☆プリキュアアラモード」でもご一緒している、かないみかさん。ご飯にも一緒に行かせていただいてますし、引越しの相談にも乗ってもらってます。みかさん、お部屋を見るのがすごく好きみたいで、アドバイスをたくさんもらいました!

――これから、声優としてどんな風になっていきたい?

美山:「キラキラ☆プリキュアアラモード」みたいに長く放送される作品に関われることってなかなかないと思うんですけど、長く演じるからこそ愛情が深まると思うんですよ。そういう役を演じられている先輩方はすごく素敵だなと思うし、私もそういう役者を目指して頑張りたいなって思います。

――最後に、ファンのみなさんに伝えておきたいことをどうぞ。

美山:声優としてまだまだ新人ですけど、私がアニメを観ながら思っていたように、観てくださる方の心に響くお芝居ができる役者でいたいし、私が演じるキャラクターを愛していただけるように頑張りますので、注目していただけたら嬉しいです!

【声優図鑑】美山加恋さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

美山加恋

美山加恋(ホリプロ)

美山加恋 Twitter

美山加恋 オフィシャルブログ

◆撮影協力
BC WORLD STUDIO

取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ