映画「君の膵臓をたべたい」特報映像に反響続々!「ハンカチ必須でしょ!」「絶対泣けるやつ」

エンタメ

2017/2/26


 2016年「本屋大賞」で2位を獲得した大ヒット小説『君の膵臓をたべたい』が映画化され、2017年7月28日(金)に公開される。特報映像も公開されており「これは絶対泣けるやつでしょ! めっちゃ気になる!」と大反響が上がっている。

 物語は主人公の“僕”が、クラスメイト山内桜良の秘密の日記帳を拾い、桜良の余命が膵臓の病気のためにそう長くはないことを知ることから始まる。

 映画では原作を過去として描き、その12年後が現在として描かれ、過去と現在の両方を並行して物語は進行。原作の12年後、教師となった“僕”を演じるのは小栗旬、そして桜良の親友の恭子役を北川景子が演じる。

 特報映像では、教師の僕が図書館で桜良に思いを馳せる場面から始まり、高校生時代、教室で桜良を見つめていた様子や、一緒に笑いあった様子、屋上で桜良に「君は本当に死ぬの?」と問いかけるシーンなどが切りとられている。そして懸命に走る“僕”やウェディングドレス姿で涙を流す桜良の友達・恭子(北川)の姿が映し出される中、「ラスト、きっとこのタイトルに涙する」という文字が浮かび上がるという仕上がり。

 特報を見た人たちからは「特報映像見たけど鳥肌立った」「小栗君が走ってる姿、ウェディングドレス姿の北川景子… これ見ただけで泣けるのがわかるwww」「号泣するんだろうなって確信した」「死ぬの?って聞いて、死ぬよって答える場面ヤバすぎ! ハンカチ必須でしょ」「既に泣きそう(笑)こんなの見たら劇場に行かないわけにいきませんよ!」と期待の声が続出している。

 どんな内容となっているか、7月の公開を楽しみにしていよう。

■映画「君の膵臓をたべたい」
原作:住野よる
監督:月川翔
脚本:吉田智子
出演:浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子 ほか
公式サイト:http://kimisui.jp/

    img01
    『君の膵臓をたべたい』(住野よる/双葉社)