ドラマ「東京タラレバ娘」最終回直後の「東京ダラダラ娘」CMが話題に「なんだこれwww めっちゃ面白そうなんだけど!」

エンタメ

2017/3/25

    img01
    『東京タラレバ娘』7巻(東村アキコ/講談社)

 2017年3月22日(水)にTVドラマ「東京タラレバ娘」が最終回を迎えた。しかし放送終了直後に「東京ダラダラ娘」というドラマのCMが流れ、SNSなどでは「なんだこれwww めっちゃ面白そうなんだけど!」「タラレバロスが一気に吹っ飛んだわ(笑)」と注目を集めている。

 「東京ダラダラ娘」とは、「東京タラレバ娘」と連動して2017年2月22日(水)よりオンライン動画配信サービス「Hulu」にて配信されているオリジナルドラマ。アラサーをとっくに通り越したアラフォー女子3人が、酒処「呑んだくれ」で女子会を開くといった内容だ。同ドラマではタラ・レバと未来に可能性を抱くような話題もなく、ひたすらリアルなアラフォーの独身トークが展開され、以前から「私くらいの世代だと『ダラダラ娘』の方が共感できちゃう!」と一部の層に好評を博していた。

 そんな「東京ダラダラ娘」のCMが、「東京タラレバ娘」最終回の興奮冷めやらぬ中で放送され、視聴者からは「最終回終わって悲しみに包まれていたら『東京ダラダラ娘』とかいうドラマのCMが流れて思わず吹き出した(笑)」「『東京ダラダラ娘』とかタイトルがズルすぎるwww CMに全部持ってかれたわ!」「CM見ただけだけど共感できる気しかしない」「こんなのあるのか! なんでもっと早く教えてくれなかったんだ!」との声が相次いだ。

 ちなみに「東京ダラダラ娘」が配信スタートする直前の2017年2月17日(金)には、「Hulu」の公式ブログにて主人公の3人を演じる女優の佐藤仁美、小沢真珠、小林きな子が作品の見どころを語っている。そこでは小沢と小林の両名が注目ポイントに佐藤の演技を挙げているので、これから第1話を見る人は是非注目して見ていこう。