海辺のラブホテルに辿り着いたシングルマザーと訳ありの老オーナー。生命の「罪と罰」を描き出す衝撃作

文芸・カルチャー

2017/4/21

『血と肉』(中山咲/河出書房新社)  生きることは血を流し、血を流させることである。それが頭では分かっていても、男性は実感することはできない。それゆえ、女性作家が「命」についての物語を紡ぐときこそ、読者の心を抉る生々しさを閉じ込めることができるのではないだろうか。  10代でデビューを果たし、注目の若手作家となった中... 続きを読む