「電子書籍アワード2012」ノミネート作品の レビューを読んで「読者賞」に投票しよう!

文芸・カルチャー

2012/2/3

2011年の1年間に配信を開始した電子書籍の中から、みんなにすすめたいNo.1の電子書籍を決める「電子書籍アワード」。2回目の今年も、読者のみなさまから数多くの作品をご推薦いただきました。どの作品にも推薦者の方からの熱い推薦コメントが添えられており、みなさんの熱い思いが伝わってきました。

そして先日、電子書籍アワード実行委員会による一次選考を行った結果、受賞候補となるノミネート15作品、および特別賞候補9作品が選ばれました。そこでここでは、候補に選ばれた作品の電子ナビエディターレビューをご紹介します。レビューを読んで気になる作品が見つかったら、ぜひ作品を読んでみて、「読者賞」にご投票くださいね!

投票する

「文芸部門」ノミネート作品のレビュー

「大人の男」は震災といかに向き合うべきか?
被災地に暮らす作家が語る男論

伊集院静「男の流儀入門」

伊集院静/M-UP


2011年3月11日の夜。闇に包まれた東北の夜空には無数の星が輝いていたそうです。それまでに見たこともないくらいの光を放つ星空に、著者 伊集院静氏が見たものとは? その答えは本書のエピローグにあります。そこで語られる氏の言葉は、まさに被災地・仙台に暮らす当事者のものでした…

>続きを読む

櫻井翔&宮﨑あおい主演で映画化!
本屋大賞2位のファンタジックな医療ドラマ

神様のカルテ

夏川草介/小学館


昨年夏、櫻井翔&宮﨑あおいの豪華コンビ主演で全国公開された映画『神様のカルテ』。原作はデビュー第一作であるにも関わらず、颯爽と2010年度の本屋大賞2位を射止めて話題になった新人作家・夏川草介の同名小説だ…

>続きを読む

コスパ最高! 笑いと味わい深さにあふれた、
“藝”ある人間コラム

藝人春秋

水道橋博士/文藝春秋


正直言って、「水道橋博士ってなんの人なの?」とか思っていた口なのであります。コラムを読んで面白かったような記憶はあるけど、「たけしのお弟子さん」以上の印象がなかった私(恥)。数々の芸人ならぬ「芸のある人」を切り取ったこの『藝人春秋』。その鋭い切り口とユーモアに、いまさらながらに感服いたしました…

>続きを読む

釣ってみてわかった。
詩ってこんなに楽しく遊べるものだったんだ

谷川俊太郎の「谷川」

谷川俊太郎/ナナロク社


詩を釣り上げる、っていう発想が面白いですよね。え、何がって、この『谷川』のことです。これは、詩人・谷川俊太郎さんの詩集。といっても、ただ詩を集めたっていうだけじゃないんです。水の流れる音、鳥のさえずりをBGMに、川に流れてくる言葉を拾い上げるというしかけのアプリです…

>続きを読む

心静かに、でも明るくやさしい気持ちになりたいときに。手書き文字とイラストに癒される短歌集

枡野浩一短歌集 ロングロングショートソングロング

著:枡野浩一、字と絵:後藤グミ/solosolo


詩とか短歌とか素敵にたしなめる女子になりたいなーと思い続けて20うん年が経ちますが、いまだに野望は達成されておりません。ごくごくたまにピンポイントで衝撃を受けることはありますが、そもそも手を出さないので(どーせ感性が澄んでねえよとふてくされるだけなのでね)…

>続きを読む

 

「書籍部門」ノミネート作品のレビュー

インタヴューだけでなく、映像も写真もふんだんにあるファンにはたまらない1冊

イチロー・インタヴューズ

石田雄太/文藝春秋、博報堂DYメディアパートナーズ


ナマのイチローは2回見たことがあります。1回目は古い話で恐縮ですが、オリックス時代で、そのときはイチローの父、チチローに対するインタビューの仕事でした。当時、チチローは、敵サイドである3塁側(そのほうが左打者であるイチローがよく見える)に年間のシートを買って毎回観戦にきており…

>続きを読む

今度こそリバウンドなしの片づけに
成功するかも? あなたも魔法を試してみる?

人生がときめく片づけの魔法

近藤麻理恵/サンマーク出版


テーブルの上、ベッド脇の棚、床、とあちこち無造作に積み上げられた雑誌、本、郵便物、フライヤーにカタログ、写真等の紙類もろもろ…。ソファの上には、先週末お出かけに連れて行ったバッグ。その上に折り重なるストール、Gジャン、そしてなぜか編みかけのマフラー。--そうなんです、実は私…

>続きを読む

これぞiPadのための電子書籍!
パノラママガジン「panologue」

panologue_00

Northern Lights


“panologue(パノローグ)”とは、iPadを活用した新しい形態の電子マガジン。公式サイトによれば、「iPadで見る・読む・聴く“グラフ誌”」とのこと。このキャッチだけを読むと、他の電子書籍とどう違うのか? という疑問が起こりそうだが、そう思った人はとにかくこの創刊準備号をダウンロードし、起動して欲しい。おそらく誰もが、瞬時に他との違いがわかることと思う…

>続きを読む

手の平に太陽を観る。時空を巡る。
未知への血が騒ぐ“2011年宇宙の旅”

マーカス・チャウンの太陽系

著:マーカス・チャウン、訳:糸川洋/Touch Press


ぼくらはみんな生きている~♪~(中略)~手~の平を太陽に~♪ 透かしてみれば~♪まっかーに流れる~♪ 僕の血潮(ちしお)~♪(作詞:やなせたかしさん) iPadをタッチしながら口ずさんだ名曲が、“宇宙と地球とわたしと意識”を励起した!…

>続きを読む

 

「コミック・絵本部門」ノミネート作品のレビュー

電子書籍ならではの仕掛けと魅力。
日常にほんわか寄り添ってくれる抒情マンガ

いつも、どこかで

木川田ともみ/Plus One Digital


自分だけがひとりぼっちのような気がしてしまう瞬間に、ふとケータイを握り締める。誰かにメールをしたり電話で声を聴いたりしたいけれど、できなくて。そんなときにこそこの『いつも、どこかで』をおススメしたい。さみしいのも頑張ってるのも、きっと自分だけじゃない…

>続きを読む

数えるたびに“自分という奇跡”に出逢う。
おくりびとが物語る♪ いのちの紙芝居

いのちのかぞえかた

小山薫堂/千倉書房


人は生涯で、何人の人と恋に落ちるのでしょう? 何時間笑い、何粒の涙を流し、何時間キスをし、死ぬまでに、何回、愛の営みを行うのでしょう? 優しいメロディー♪で物語る薫堂さんの紙芝居。ページ毎に巡り合う普段意識しない人生の数字。そんな日常を、数えてみるとアラッ不思議!…

>続きを読む

46億年前の地球誕生と、生命誕生の神秘を
アニメーションで楽しめるアプリ!

ちきゅう時計

rooter


子供は好奇心が旺盛です。「これは何?」から始まり、「なんでそうなるの?」「どうしてなの?」と質問攻めです。最近の興味は「人間はどうやって生まれたの?」です。単純に赤ちゃんが生まれてという話ではなく、ニワトリと卵の関係のようにどこか始まったのか? という本気の質問なのです…

>続きを読む

子どもとお出かけに必携の絵本。
風を感じ、水を触れる、不思議絵本

ぴよちゃんの おともだち

いりやまさとし/学研、フィジオス


電子書籍の絵本シリーズは電子書籍ならではの機能があるので、子どもが喜びそう!と思ってダウンロードしますが、決まって私が最初に夢中になります。触ると動く、音が出るという電子書籍の機能は大人でも「触ってみたい」衝動に駆られるのですね…

>続きを読む

人気マンガ家27名による、
オール新作読切のアンソロジー

僕らの漫画

「僕らの漫画」制作委員会/Digital Catapult


もうとにかく豪華! な、プロ人気マンガ家たちによるアンソロジーなのであります。東日本大震災のチャリティー企画としてたちあがったものですが、そこに集ったマンガ家さんは総勢27名(ノーギャラだそう!)。ver.1~3で総数380ページ…

>続きを読む

 

特別賞候補作品のレビュー

スティーブの生誕からアップル創業、
そして追い出されるまでを描いたたった1冊の本

スティーブ・ジョブズⅠ Ⅱ

著者:ウォルター・アイザックソン、翻訳:井口耕二/講談社


スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式でのスピーチ。大変貴重な映像で、伝説のスピーチと言われていますので見た方も多いでしょう。このスピーチでは3つのことを話しています。それは「点と点をつなぐ」「愛と敗北について」「死に関する話」です…

>続きを読む

“恋”はApp Store に売っている

定額ハーレクインカフェ

NTT Solmare


“ハーレクイン”ってみなさんご存じでしょうか。ハーレクインとは、カナダに本社を置く女性向け大衆恋愛小説の火付け役として知られている世界的に有名な出版社です。日本のハーレクインは恋愛小説だけでなく、コミック雑誌も刊行しているのですが、そのハーレクインコミックが電子書籍に、しかもアプリになって登場しました…

>続きを読む

「書籍×ARアプリ」の次世代型教科書に!
だそうですが…

「ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる」NEW HORIZON AR

東京書籍、NamcoBandai Games


Hi Ken! Hi Mike! This is Lucy. She is my sister. I like Sushi and Tenpura.…SushiとTenpuraは斜体で書かれてなんかしたりして。懐かしき中1英語。教科書は「NEW HORIZEN」でした。田舎で育った僕は、ここで「外国の人って、寿司と天ぷらが好き」という概念を植え付けられたわけですが…

>続きを読む

投票する