『ハクメイとミコチ』アニメ化決定にファン大興奮!「あの可愛らしいハクメイたちがアニメで見られるなんて…!」

マンガ

公開日:2017/8/22

 小人の暮らしを描いた漫画『ハクメイとミコチ』がテレビアニメ化されることが決定し、「アニメのビジュアルめっちゃ素敵!」「あの可愛らしいハクメイたちがアニメで見られるなんて…!」と喜びの声が続出している。

 同作は、森の中で暮らす身長9センチの小人の女の子・ハクメイとミコチを描いた物語。作中には2人のほかにも様々な小人が登場し、昆虫や鳥、植物たちと共に人間と変わらない時間を過ごす。可愛らしい小人たちや緻密に描き込まれた背景、そして小人たちの生活や料理の描写などで人気を博し、「とにかく小人たちに癒される」「ファンタジーなのに生活感があって楽しく読めた」と小人に魅了される人が続出している。

 アニメのティザービジュアルでは、大きな木の根元に作られた小さな家と、家に続く階段を上がるハクメイとミコチの姿が描かれた。ティザービジュアルはアニメの公式サイトにも使用され、サイトでは朝・夕・夜と時間に合わせて森の様子が変化するそうだ。アニメーション制作はLerche、美術は草薙が担当することが決定している。

 2017年8月10日(木)発売の『ハルタ』47号では、テレビアニメの情報や設定画、ビジュアルなどがいち早く楽しめる特集ページ「大楠通信」を掲載。綴じ込み付録として登場した描き下ろしフルカラー絵本『ハクメイとミコチ レモンのクレープやさん』は、「これ付録で読んじゃっていいの… フルカラーってありがたい…」「めーっちゃ可愛い! これは永久保存版!」と大満足の1冊となっている。

 森の中で懸命に生きる小人たちのスローライフアニメは、忙しい生活に疲れた心をきっと癒してくれるだろう。

■アニメ「ハクメイとミコチ」
原作:樫木祐人
アニメーション制作:Lerche
美術:草薙
公式サイト:http://hakumiko.com/index.html