「マイナス17歳の美再生メイク」を伝授―驚異のビューティーメソッドで同世代と圧倒的な差をつけて

健康・美容

2017/12/14

 4000人のシニア女性を美再生させた巣鴨のカリスマメイクアップアーティストによる驚きのメイク術を伝授している新刊『シニアビューティメイク』(赤坂渉/扶桑社)が2017年11月17日に発刊された。本書の著者である赤坂渉さんが立ち上げた「えがお写真館」(東京・豊島区)は『ミヤネ屋』(日本テレビ系)、『あさチャン!』(TBS系)、『みんなのニュース』(フジテレビ系)などの様々なテレビ番組で紹介され、いまや絶大な人気を誇っている。

 シニア世代のみなさんは、17歳の若返りを体験したことがあるだろうか。17歳といえば、65歳なら48歳、75歳なら58歳、85歳なら68歳と驚異的な若返りだ。そんな驚異的な若返りを自宅で簡単に実践できてしまう方法を伝授する本書が、シニア世代の間で話題となっている。しかも、この驚異的な若返りメイク術は、別人への「変身」ではなく、本来の自分の顔のよさを自然な印象で引き立ててくれるという定評もある。シニア世代のみならず、若く美しくありたい女性の多くが注目している。

 年間50回以上もシニア向けのメイクアップ講座を開催している赤坂さんが著す本書では、「くすみ、シワ、毛穴の3大悩みをカバーする化粧下地の方法」や「肌を明るく見せるチークの方法」、「厚化粧に見えないのにシミが消えるヒミツ」などを写真付きで徹底解説している。正しい方法だけでなく、典型的な失敗例も掲載しているので新しいメイクに挑戦して失敗してしまったなんてことも避けられる。さらには、60代、70代、80代、90代のメイク術が世代別に掲載されており、自分の年齢に合わせてわかりやすく的確なアドバイスを受けられるのも特徴だ。本書で自分に合った正しいメイク術を身につけ、大人の階段を17段ほど駆け下りてみてはいかがだろうか。

文=ムラカミ ハヤト