大泉洋「一生“探偵はBARにいる”し、一生『水曜どうでしょう』も続ける」。自身の父が映画に登場していることも明らかに!

エンタメ

2017/12/15


 12月15日(金)、映画『探偵は BAR にいる3』大ヒット舞台挨拶が行われ、“探偵”の大泉洋と相棒の“高田”を務める松田龍平が登壇した。

 ネットの口コミや作品評などで<文句なく最高傑作>と謳われるほど、高評価を受けている今作。しかし大泉は、実際にお客さんの反応を直接知るべく、自身で映画館へ“潜入”したことを告白。
「混んでいる映画館へいった。なるだけ(バレないように)後ろの席を取って、暗くなるのを待っていたんですけれど、今の映画館ってなかなか暗くならないんですね……」と“顔バレ”しないよう自分で取った後方の席まで、チケットを見つめ<座席を探しているフリ>をしながら階段を上がった、と語り、その“潜入”の結果、観客はとても喜んでいてくれていたものの、エンドロール中、席を立ち帰ってしまう人が多かったことを目の当たりにしたそうで、「よっぽど(自分がお客さんを)止めようかと思いました!」「そして悲しいかな、一番最後のシーンが一番ウケる。だから、なんとか最後まで観てほしい」と、“エンドロール後も席を立たないように!”と、必死に観客に向け訴えた(※今作、エンドロール後にワンシーンがあります)。
 そして相棒の高田を務める松田も、ヒットの感想を聞かれると、「大ヒットということでほっとしました。大ヒットしないとこういう舞台挨拶ってないんですよね?」と、飄々としながらも安堵した様子を見せていた。

 会場ではシリーズ累計で200万人の動員が突破されたことも発表。大泉は「ピンと来ないくらいの数字。TEAM NACSの公演でそれだけの動員数なんて考えられないですから。映画って本当にたくさんの方に見ていただけますね。感謝」と気持ちを述べると、松田も「嬉しいです……。感謝。……大泉さんに便乗しましたけど」と答え、さらに「(今日はイベントで)松田君にも久々に会えてうれしい」と笑顔で松田に話す大泉に対し、「でもプロモーションで結構一緒にいたので、特別に何かがあるわけじゃない」と返すなど、終始、作中と同様抜群のコンビネーションで漫才のような掛け合いを見せていた。
 また、初めて“公式に”発表として、大泉洋自身の父が映画に登場していることも明らかに。「私の親父が出ています。大きく出てきます。びっくりすると思う」「ぜひ探してください」とPR。

 さらには、東映株式会社のグループ会長から、<秘密の手紙>があります、とサプライズが。
<東映としては是非、『探偵はBARにいる』を作り続ける気構えですので、あとは大泉さん、松田さん、『一生“BARにいる”宣言』をお待ちしております!>と、内容のその手紙が読み上げられると、それを受けた大泉は「いや、一生(探偵が)BARにいるっていうと映画自体に支障をきたしますからね。だって、ずっと探偵はBARから出られないんですから。それなら『探偵はほとんどBARにいる』でいいのでは」とツッコミながらも、「もちろん続けますよ。一生BARにいるし、一生水曜どうでしょうも続けると思います」と宣言。その一言に、会場のファンから歓声があがったものの、「これ以上、一生持ち続けるものは持ちたくない」とも。
 一方、松田はその“サプライズ・オファー”に対し、「一回持ち帰らせてもらっていいですか?」とばっさり。「マネージャーか!? 俳優がそんなこと言うの!? こんなことってあるんですか? だからこの人(松田)には事前に知らせなきゃダメなんだって!」と驚愕する大泉に対し、苦笑いしながら「大泉さん次第というか、大泉さんの体力次第。大泉さんがアクションを頑張れる限り、自分も演(や)ります」と答えていた。

 最後は観客と共に <繁栄 の象徴 ・「扇」>を持ち、更なるヒットを祈願。大泉は「フォトセッション中にピンマイクがついているのは私だけ」と、写真撮影中もずっと喋りつづけていたが、撮影後には「今日はありがとう」と観客に頭を下げ、笑顔で会場を後にした。

『探偵はBARにいる』は全国東映系で絶賛公開中!

■映画『探偵は BAR にいる3』公式サイト:http://www.tantei-bar.com/