「見た目は子ども。中身はエロおやじ」 アニメ「名探偵コナン」コナンのエロ言動に大反響

アニメ・マンガ

2018/1/19

 2018年1月13日(土)放送のアニメ『名探偵コナン』第888話「怪盗キッドの絡繰箱(後編)」で、コナンが“男”の顔を覗かせた。エッチなコナンの言動に反響が起こっている。

 世界最大の月長石、月の記憶(ルナ・メモリア)が入っている絡繰箱が鈴木大図書館で展示され、同時に怪盗キッドへの挑発のメッセージがマスコミに向けて発表された。図書館には警察の厳重な警備がしかれることになったのだが、そこへコナン、阿笠博士、小五郎、蘭、園子、灰原哀、沖矢昴も来場。

 コナンたちは絡繰箱の持ち主・友寄公華などと話してしばらく過ごしていたのだが、突如コナンはキッドの気配を感じる。どうやらキッドは来場者の中の誰かに変装してすでに図書館へ潜入しているようなのだ。

 するとコナンは一緒に来場した人たちに疑いの目を向けていく。咳をしていた小五郎は、トイレに行った後に咳をしなくなっているという不自然な点が。沖矢は常に周りを気にしていてなにやら怪しい。阿笠博士はトイレにこもっている時間が長すぎた、といったようにそれぞれキッドの変装だと思われる部分があるようす。

 そして次に蘭を観察してみようと思った時、イスに乗って高い棚の本を取ろうとしている蘭の姿が、コナンにとって絶妙なアングルに。コナンは「パンツ見えそう……」と顔を赤らめるが、「いや待て待て。キッドの変装かもしれねえし」とすぐに我に返る。しかしそのまま蘭の姿を凝視しながら「でも、この太ももは絶対……」と、生足を見て蘭本人だと確信。

 そんなコナンの元へ灰原がやってくると、「まさに見た目は子ども。中身はエロおやじね」「どスケベ」と軽蔑の眼差しを送るのだった。

 この展開に視聴者からは「エロ川コナンくん登場だwww」「エロいコナンくんかわいい」「哀ちゃんもっと言ってください!」「哀ちゃんの軽蔑の眼差したまらない!」と歓喜の声が。

 結局キッドが変装していたのは阿笠博士で蘭ではなかった。コナンの“男の勘”も、推理に大いに役立っているのかもしれない。

アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/