三浦春馬主演! 伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集が映画化決定

エンタメ

2018/3/17

img01

 伊坂幸太郎の恋愛小説『アイネクライネナハトムジーク』が、三浦春馬主演で映画化されることが決定した。「伊坂作品の映画はハズレが無いから楽しみ!」と期待の声が上がっている。

 同作は伊坂の“初”にして“唯一”の恋愛小説と言われているのだが、第1章「アイネクライネ」が生まれたのはミュージシャン・斉藤和義のある依頼がきっかけ。伊坂は斉藤の楽曲に触発されて会社を辞めたという逸話があり、斉藤はそんな伊坂に作詞の依頼を持ち掛けたのだ。しかし伊坂は作詞は出来ないと断り、その代わりに「アイネクライネ」を執筆。これを受けて斉藤は「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」を制作している。

「ベリー ベリー ストロング」のシングル初回限定盤では伊坂による書き下ろし短篇「ライトヘビー」が特典として登場しており、のちに出版された単行本では「アイネクライネ」に続く第2章として収録。単行本では全編にわたって張り巡らされた伏線が最終章「ナハトムジーク」で回収されるという伊坂ならではの仕掛けも施されており、「伊坂さんが恋愛もの!? って驚いたけどいつも以上の面白さだった」「世代を超えてどこかで誰かと繋がっている感覚が素晴らしい」「特別なトリックやどんでん返しはないけど伊坂マジックは健在」と大好評の声が上がっている。

 映画で三浦が演じるのは、仙台駅前で“劇的な出会い”を待ちながら街頭アンケートに勤しむ佐藤という男。三浦は伊坂の小説『チルドレン』のドラマにも出演しており、伊坂は「また出演してもらえてうれしいです」と喜びのコメントをしている。映画の監督を務める今泉力哉は、「退屈な日々にさようならを」「パンとバスと2度目のハツコイ」といった映画のほかドラマやPVなども手掛けてきた映像監督。伊坂は今泉の映画「こっぴどい猫」に感銘を受け、同作の映画化を任せることに決めたそうだ。

 映画の公開は、2018年冬ごろを予定。オール仙台ロケで製作される作品がどんな仕上がりになるのか期待して待っていよう。

■映画「アイネクライネナハトムジーク」
公開:2018年冬
原作:伊坂幸太郎
監督:今泉力哉
出演:三浦春馬