読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

伊坂幸太郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
いさか・こうたろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1971年千葉県生まれ。東北大学卒業後、2000年『オーデュポンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、08年『ゴールデンスランバー』で山本周五郎賞および本屋大賞受賞。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2000年
『オーデュボンの祈り』第5回新潮ミステリー倶楽部賞
2004年
『アヒルと鴨のコインロッカー』第25回吉川英治文学新人賞
2004年
『死神の精度』第57回日本推理作家協会賞 短編部門
2008年
『ゴールデンスランバー』第5回本屋大賞
2008年
『ゴールデンスランバー』第21回山本周五郎賞

「伊坂幸太郎」のおすすめ記事・レビュー

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』(伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読み…

全文を読む

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2018」の受賞作が決定した。

 ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれたのは、辻村深月氏の『かがみの孤城』(ポプラ社)。  翻訳小説部門では『カラヴァル 深紅色の少女』(ステファニー・ガーバー:著、西本かおる:訳/キノブックス)が選ばれた。 ●2018年本屋大賞大賞受賞作 『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)

⇒辻村さんインタビューはこちら ⇒作品レビューを読む

●2位 『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)

⇒柚月裕子さん×ひふみんトークイベントはこちら

●3位 『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)

⇒作品レビューを読む

●4位 『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)

●5位 『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)

⇒作品レビューを読む

●6位 『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)

⇒関連ニュースはこちら

●7位 『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

●8位 『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)

⇒作品レビューを読む

●9位 『百貨の魔法』(村山早紀/ポ…

全文を読む

三浦春馬主演! 伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集が映画化決定

三浦春馬主演! 伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集が映画化決定

 伊坂幸太郎の恋愛小説『アイネクライネナハトムジーク』が、三浦春馬主演で映画化されることが決定した。「伊坂作品の映画はハズレが無いから楽しみ!」と期待の声が上がっている。

 同作は伊坂の“初”にして“唯一”の恋愛小説と言われているのだが、第1章「アイネクライネ」が生まれたのはミュージシャン・斉藤和義のある依頼がきっかけ。伊坂は斉藤の楽曲に触発されて会社を辞めたという逸話があり、斉藤はそんな伊坂に作詞の依頼を持ち掛けたのだ。しかし伊坂は作詞は出来ないと断り、その代わりに「アイネクライネ」を執筆。これを受けて斉藤は「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」を制作している。

「ベリー ベリー ストロング」のシングル初回限定盤では伊坂による書き下ろし短篇「ライトヘビー」が特典として登場しており、のちに出版された単行本では「アイネクライネ」に続く第2章として収録。単行本では全編にわたって張り巡らされた伏線が最終章「ナハトムジーク」で回収されるという伊坂ならではの仕掛けも施されており、「伊坂さんが恋愛もの!? って驚いたけどいつも以上の面白さだった」「…

全文を読む

高良健吾が5股のダメ男役に! 伊坂幸太郎作品、初の連続ドラマ化『バイバイ、ブラックバード』豪華座談会

高良健吾が5股のダメ男役に! 伊坂幸太郎作品、初の連続ドラマ化『バイバイ、ブラックバード』豪華座談会

『バイバイ、ブラックバード』は、五股のダメ男とその相棒の怪物女が「さよなら」の行脚を繰り広げる連作短編だ。主演の高良健吾と女性役に初挑戦した城田優、監督の森義隆、そして原作者の伊坂幸太郎が、同作への思いを4人で初めて語り合った。

★― 第1話の完成映像を拝見したんですが、楽しくて切なくて驚きもあってちょっと怖くて、いろいろな感情が詰め込まれた作品に仕上がっていました。みなさんは、ご覧になっていかがでしたか?

伊坂● 第1話も面白いですけど、全部観ると、もっといいですよ。

城田● 第1話はほんの入口ですね。最初は〈星野〉という五股をかけていた、まぁ言ってしまえばクズみたいな男と、〈繭美〉という怪物みたいな女が出てきて「なんだ、こいつら!?」って衝撃が大きいと思うんですが、回を重ねていくうちに彼らの人となりが分かってきて、不思議と愛おしくなってくる。

高良● 僕もそう思います。2、3、4、5、6話と進んでいくうちに、〈星野〉と〈繭美〉の関係には、根っこの部分にものすごく大切なことがあるんじゃないかと感じるようになる。全部観終わった時に、うまく言葉にできない…

全文を読む

伊坂幸太郎の小説からおすすめを厳選・10作品

伊坂幸太郎の小説からおすすめを厳選・10作品

ベストセラー作家・伊坂幸太郎の作品を読んだことがあるだろうか? ユーモラスな文体とテンポの良いストーリー展開。随所に張り巡らされた伏線から展開する予想外のラスト。多くのファンを魅了し続ける伊坂ミステリーの代表作を厳選して紹介しよう。

伊坂幸太郎(いさか・こうたろう) 1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー以降、『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、『ゴールデンスランバー』で山本周五郎賞、第5回本屋大賞を受賞など著書・受賞とも多数。

このまとめ記事の目次 ・重力ピエロ ・アヒルと鴨のコインロッカー ・グラスホッパー ・ホワイトラビット ・残り全部バケーション ・チルドレン ・アイネクライネナハトムジーク ・クリスマスを探偵と ・火星に住むつもりかい? ・AX アックス

■連続放火事件と落書き…半分しか血の繋がりのない兄弟の絆を描く!伊坂幸太郎『重力ピエロ』のタイトルに込められた意味

『重力ピエロ』(伊坂幸太郎/新潮社)遺伝子という設計図によって人生が決まってし…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2018年2月号】佐藤正午特集番外編

【ダ・ヴィンチ2018年2月号】佐藤正午特集番外編

嘘を本当に見せる――佐藤正午とはいかなる作家であるのか

編集I

『ジャンプ』(2000年刊)を読んで無性にお会いしたくなって佐世保にうかがって以来、ずっと追いかけてきた作家・佐藤正午さん。

 その後も新刊が出るたびに取材依頼をしたり、本誌のさまざまな企画でエッセイや短編の寄稿をお願いしたり、2001年からはWEBでエッセイの連載もしていただいたり……と編集者の特権を享受しまくっていたのですが、2006年の年末くらいに佐藤さんが心身ともに調子を崩されました。それは「多忙」が原因とうかがって、以降ご依頼ごとは控えていたのです……が、15年に山田風太郎賞受賞、昨年、直木賞も受賞されて、機は熟したとばかりに、佐藤正午大特集(30p)を組みました(再び編集者の特権享受)。

 山田風太郎賞受賞作でもあり、最長編でもある『鳩の撃退法』(通称ハトゲキ)がこの1月に文庫化ということもあり、本作を大プッシュしています。記事を作るにあたって、初めて賞の選評を拝見したのですが、選考委員の方々(奥泉光さん、京極夏彦さん、筒井康隆さん、夢枕獏さん)の激賞っぷり、四者四様の褒め表…

全文を読む

阿部和重×伊坂幸太郎「私小説として読んでいただいてもいい。僕ら二人が世界を救ったんです!」奇跡の合作小説『キャプテンサンダーボルト』待望の文庫化!

阿部和重×伊坂幸太郎「私小説として読んでいただいてもいい。僕ら二人が世界を救ったんです!」奇跡の合作小説『キャプテンサンダーボルト』待望の文庫化!

 純文学のフィールドで活躍する阿部和重と、エンターテインメント小説界の雄として知られる伊坂幸太郎。二人が合作小説『キャプテンサンダーボルト』を電撃刊行したのは、2014年11月のことだった。本屋大賞にもノミネートされ話題を集めた同作がこのたび、上下巻の文庫版に。この機会に改めて、合作の成果を二人にうかがい、胸を張ってもらった。

自画自賛モード、入ります

———文庫化にあたり、自分たちが3年前に世に送り出した作品を読み返されたと思います。どんな感想を抱かれましたか?

阿部 時間も経っていますし、書いていた当時よりもずっと読者に近い距離感で読んだんですが、ものすごく面白かったです(笑)。

伊坂 僕もその感想しか出てこないですね(笑)。当時から「面白い」って二人で言い合ってはいたんですけど、「本当に面白いじゃん!」と。これが僕と阿部さんの本じゃなくても、全然知らない誰かの作品でもオススメできます。映画を観に行く代わりに読んでもいいんじゃない、って言いたくなりますよね。今の日本の小説で、こういった大作映画っぽいものってあんまりないような気がするので、貴重じゃない…

全文を読む

安野モヨコ『ハッピーマニア』ほか全巻読み放題キャンペーン実施中! 雑誌『LDK』編集部が選ぶ2018年オススメコスメもプレゼント!

安野モヨコ『ハッピーマニア』ほか全巻読み放題キャンペーン実施中! 雑誌『LDK』編集部が選ぶ2018年オススメコスメもプレゼント!

 コミックや雑誌、実用書、写真集など多彩なジャンルの本が月額562円(税別)で読み放題で楽しめるauの公式電子書籍サービス「ブックパス」が5周年を迎え、現在さまざまなジャンルの読み放題企画を実施中!

◆ブックパス5周年 生誕祭キャンペーン

【コミック】 桜沢エリカ「天使」シリーズ全4巻、安野モヨコ『ハッピーマニア』全11巻、南Q太『夢の温度』全4巻が読み放題。 【小説】 伊坂幸太郎『死神の精度』が読み放題。

【雑誌】 300誌以上の読み放題雑誌の記事から2017年の出来事を振り返り! 人気雑誌『LDK』編集部が選ぶ2018年オススメのコスメもプレゼント!

 今後も2018年1月にかけて、映画原作のコミックや小説をはじめ、レシピなど実用書、人気タレントの写真集など多彩なジャンルで続々と読み放題タイトルが追加される予定。

 また、アラカルト(1冊ごと販売)では、11月3日 10:00~11月10日 11:59まで、ブックパスで配信中の40万冊以上の電子書籍が全品10%コイン還元となるのでこの機会をお見逃しなく!

 月額562円(税別)で多彩…

全文を読む

「伊坂幸太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「伊坂幸太郎」のレビュー・書評をもっと見る

「伊坂幸太郎」の本・小説

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
祥伝社
発売日
2006-02-01
ISBN
9784396332686
作品情報を見る
アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
幻冬舎
発売日
2017-08-04
ISBN
9784344426313
作品情報を見る
チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
講談社
発売日
2007-05-15
ISBN
9784062757249
作品情報を見る
死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
文藝春秋
発売日
2008-02-08
ISBN
9784167745011
作品情報を見る
マリアビートル (角川文庫)

マリアビートル (角川文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2013-09-25
ISBN
9784041009772
作品情報を見る
陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
祥伝社
発売日
2009-08-30
ISBN
9784396335212
作品情報を見る
グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2007-06-23
ISBN
9784043849017
作品情報を見る
AX アックス

AX アックス

作家
伊坂幸太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-07-28
ISBN
9784041059463
作品情報を見る

「伊坂幸太郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「伊坂幸太郎」の関連画像・写真

「伊坂幸太郎」の関連画像・写真をもっと見る