神木隆之介が初のラブストーリーに挑戦! 有村架純との共演で百田尚樹『フォルトゥナの瞳』実写化

エンタメ

2018/5/13

『永遠の0』『海賊とよばれた男』などで知られる百田尚樹の『フォルトゥナの瞳』が、2019年に実写映画として公開されることが決定。ファンから早くも期待の声が上がっている。

 本作の主人公は幼少期に飛行機事故で家族を失い、友人も作らず孤独に生きてきた木山慎一郎。木山はある日「死を目前にした人間が透けて見える」という能力に気づき、人生が一変する。人が死ぬ運命を目の当たりにするうちに、「死が迫っている人を救いたい」という思いを抱えるようになり、葛藤の日々を送っていた。そんなとき、木山は桐生葵という女性に出会い次第に心を惹かれていく。しかし木山には葵の体が透けて見え始め、不吉な運命の予感が―。

 監督を務めるのは、Hey! Say! JUMP・知念侑李の単独初主演映画として話題になった「坂道のアポロン」などで知られる三木孝浩。主人公の木山は、子役時代から数々の映画やドラマに出演しながらも本作がラブストーリー初挑戦となる神木隆之介が抜擢され、ヒロインの桐生には昨年『ナラタージュ』や『関ヶ原』などへの映画出演で反響を呼んだ有村架純。

 映画化に対しネット上には早くも反響が続出。「原作も面白かったし大好きな神木くんと架純ちゃんがやるなら絶対見る」「小説読んだけど面白いし感動するしめっちゃ好き。もう今から楽しみすぎる」「終始心を圧迫されるような世界観だったから、どんな映像になるのか興味あるな」などの声が上がった。

 キャストや原作など話題性は抜群の同作品。どんな映画に仕上がるのか、今から目が離せない。

■映画「フォルトゥナの瞳」
公開時期:2019年
出演:神木隆之介、有村架純
監督:三木孝浩
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)