『かがみの孤城』本屋大賞受賞記念! 辻村深月×長濱ねる(欅坂46)対談が『ダ・ヴィンチ』7月号に掲載!

エンタメ

2018/6/6

 全国の書店員が選ぶ「2018年本屋大賞」に輝いた、辻村深月『かがみの孤城』。

 その受賞を記念して、作者である辻村深月と、その作品を「小学生の頃から読んでいた」と語る欅坂46・長濱ねるとの対談記事が、『ダ・ヴィンチ』7月号(6月6日発売)に掲載される。

 長濱はアイドルグループ・欅坂46に所属する19歳。10代を中心に若年層から熱烈な支持を集める同グループと、辻村の小説作品との深い結びつきが、辻村の元に届いたあるファンレターをきっかけに明かされてゆく。

 その他にも、『かがみの孤城』の主人公・こころに重なる部分があったと語る長濱の学生時代のエピソードや、同作執筆時に「ある言葉」を使わないようにしていたという辻村の創作論に加え、18万部を突破している長濱のファースト写真集『ここから』を読んだ辻村によるコメントなど、4ページにわたって二人の対談が掲載されている。

写真=山口宏之