読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

辻村深月

辻村深月 写真=山口宏之
職業・肩書き
作家
ふりがな
つじむら・みづき

プロフィール

最終更新 : 2021-12-13

1980年、山梨県生まれ。2004年、『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年に『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年に『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。18年、『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。著書に『琥珀の夏』『嚙みあわない会話と、ある過去について』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『島はぼくらと』『盲目的な恋と友情』『朝が来る』『傲慢と善良』など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2004年
『冷たい校舎の時は止まる』第31回メフィスト賞
2011年
『ツナグ』第32回吉川英治文学新人賞
2012年
『鍵のない夢を見る』第147回直木賞
2018年
『かがみの孤城』第15回本屋大賞

「辻村深月」のおすすめ記事・レビュー

家出して海辺の街に辿り着いた中学生の「私」。花束が手向けられた夜の広場で、不思議な少女と出会う【辻村深月 ユーレイ】/はじめての②

家出して海辺の街に辿り着いた中学生の「私」。花束が手向けられた夜の広場で、不思議な少女と出会う【辻村深月 ユーレイ】/はじめての②

直木賞作家4人と、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIがコラボレーション! 島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都による短編小説集『はじめての』をYOASOBIが楽曲化し、「文学」「音楽」そして「映像」から物語世界をつくりあげていく話題のプロジェクト。企画テーマ「はじめて」をモチーフに書かれた珠玉のアンソロジー『はじめての』から、各話の冒頭部分を全4回連載でお届けします。第2回は、“はじめて家出したときに読む物語”、辻村深月著「ユーレイ」をご紹介します。

 電車は、夜の合間を縫うように走っていく。    窓の外を流れていく景色から昼間の光が失われていくのを、私はぼんやりと眺めていた。  本も読まず、タブレットも見ないで、音楽も聴かずに。  こんなに長い時間、景色だけを見ることは初めての経験だった。住み慣れた町を離れ、車窓の景色がどんどん知らない場所のものになっていく。  窓を通じて車内に入り込む昼下がりの陽射しが、やがて、夕陽のオレンジ色に染まり、そこからだんだんと夜の世界に吸い込まれるように消えていく。その最後の光を、私は惜しむ…

全文を読む

小説『はじめての』とYOASOBIの楽曲が内包する革新性――仕掛け人たちが見据える、エンタメの理想像

小説『はじめての』とYOASOBIの楽曲が内包する革新性――仕掛け人たちが見据える、エンタメの理想像

『はじめての』(水鈴社)

 小説『はじめての』という画期的な試みは、2020年に新たな出版社・水鈴社を立ち上げた篠原一朗氏と、YOASOBIの生みの親とも言えるソニーミュージック・エンタテインメントの屋代陽平氏と山本秀哉氏が業界と会社の枠組みを超えて企画し、4人の直木賞受賞作家とYOASOBIが集うことで生まれた。この座談会は、篠原氏と、YOASOBIのプロモーションやSNS運用を担う屋代氏、同じくプロモーションに加えて音楽制作面を担う山本氏に語り合ってもらったもので、「『はじめての』というプロジェクトが目指すもの」と「YOASOBIが今、向き合っているもの」というテーマが浮き彫りになるテキストとなった。3人が意志を重ね合わせ、ひとつのプロジェクトを編んでいくその背景からは、これからのエンターテインメントが向かっていくべき、ひとつの理想像が見えてくるのではないか。篠原氏、屋代氏、山本氏それぞれと親交があり、互いの仕事を熟知しているROCKIN'ON JAPAN・小栁大輔氏による司会のもと、『はじめての』の革新性について語り合ってもらった。 写真=北…

全文を読む

YOASOBIが向き合った、巨大な壁。小説『はじめての』を通して、Ayaseとikuraが見つけたもの

YOASOBIが向き合った、巨大な壁。小説『はじめての』を通して、Ayaseとikuraが見つけたもの

 島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都という直木賞受賞作家4名による小説集『はじめての』(水鈴社)。この4人の作家による4つの小説を題材に、4曲の新曲を書き下ろすという前代未聞のチャレンジに挑み続けているのがYOASOBIである。現在発表されている“ミスター”“好きだ”の2曲を聴けば、きっと伝わるだろう。YOASOBIの代名詞とも言える、一筆書きのように美しく、流麗な流線を描きながら進んでいくメロディと、その旋律のポテンシャルを最大限に表現してみせる歌声、そしてその掛け合わせによって生み出されるセンチメンタリズムはやはり見事で、『はじめての』という作品に込められた4つの魂は、YOASOBIをして新たな「発明」に導くほどの、本物の感動を教えてくれるものだ。だが――というか、だからこそ、YOASOBIは巨大な壁に向き合っている。Ayaseとikura――2020年代の音楽シーンを颯爽と革新してみせた若きふたりが自ら語ってくれた、貴重な「本音」が語られている。

 ふたりが『はじめての』という作品に対峙することのプレッシャー、そしてその結果、新たな名…

全文を読む

YOASOBI×直木賞作家4人による、豪華コラボ。小説『はじめての』から、島本理生原作「ミスター」を配信リリース

YOASOBI×直木賞作家4人による、豪華コラボ。小説『はじめての』から、島本理生原作「ミスター」を配信リリース

 2月16日に、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIと、4人の直木賞作家がコラボレーションした、短編4作からなるアンソロジー小説『はじめての』(著:島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都/水鈴社)が刊行された。

 本作のモチーフは、「はじめて○○したときに読む物語」。直木賞作家の4人が、それぞれ以下のタイトルで物語を紡いでいく。 「私だけの所有者 <はじめて人を好きになったときに読む物語>」(著:島本理生) 「ユーレイ <はじめて家出したときに読む物語>」(著:辻村深月) 「色違いのトランプ <はじめて容疑者になったときに読む物語>」(著:宮部みゆき) 「ヒカリノタネ <はじめて告白したときに読む物語>」(著:森絵都)

 そして、それぞれの小説を原作として、YOASOBIが楽曲を制作。2月16日の小説刊行と同日に配信された第1作は、島本理生氏の小説「私だけの所有者」をもとにした「ミスター」。主人公であるアンドロイド<僕>が、所有者<Mr.ナルセ>に抱いた、名前を知らない<はじめての感情>から綴られる、切なく儚いシティ・ポップに仕上がっている…

全文を読む

日常に潜んでいるかもしれない“闇ハラスメント”を描くホラー・ミステリー『闇祓』/佐藤日向の#砂糖図書館㉞

日常に潜んでいるかもしれない“闇ハラスメント”を描くホラー・ミステリー『闇祓』/佐藤日向の#砂糖図書館㉞

年初めは「初◯◯」を見つけるのが楽しかったりする。

例えば初日の出や初笑い。日常の些細なことでさえ、年始は特別に感じられる。

今回紹介する辻村深月さんの『闇祓』は、2022年初読書の初書評にしたくて、去年からずっと読むのが楽しみだった一冊だ。

本作は、辻村さん初の長編ホラー・ミステリーということもあり、どんな作風なのだろうかとワクワクしながらはじめはページを捲っていたが、普段体験したことのない不気味さが、読み進めるほどに感じられた。

章ごとに視点が変わり、なおかつ最後の章以外の結末がイヤミスのような終わり方だったこともあり、短編を読んでいる感覚のまま最後の章を読み始めたら、辻村さんファン的には「そうきたか!」と唸らざるを得ない描き方で、怖さを増幅させつつ納得のいく終わり方になっているのが印象的だった。

近年、パワハラやモラハラといった言葉が日常的に使われるようになっているが、作中で描かれているのは"闇ハラ"という新しいハラスメントについてだ。

闇ハラスメントとは、「精神・心が闇の状態にあることから生ずる、自分の事情や思いなどを一方的に相手に押しつけ、不快に…

全文を読む

王者は、『かがみの孤城』をレビューしたはるまちさんに決定! 【読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」】

王者は、『かがみの孤城』をレビューしたはるまちさんに決定! 【読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」】

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動してベストレビュアーを決定する「レビュアー大賞」。9月20日(月)の課題図書発表から約3カ月間の審査・投票を経て、“ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”が12月16日(木)に決定しました。

「レビュアー大賞」は課題図書8作品のレビューを一般公募。予選・本選を経て作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ合計8名を選出、さらにベストレビュアー8名の中から“ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”1名を選出するという企画。6回目となる今回の結果は以下の通りとなりました。

【ベスト・オブ・ベストレビュアー】 はるまちさん:『かがみの孤城(上・下)』(辻村深月/ポプラ社)

『かがみの孤城(上・下)』(辻村深月/ポプラ社)

【ベストレビュアー】 スイさん:『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋) MOCCOさん:『春夏秋冬代行者 春の舞(上・下)』(暁佳奈/KADOKAWA) inarixさん:『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里/小学館) natsukoさん:『ある男』…

全文を読む

ミステリ好きは注目! 「メフィストリーダーズクラブ」の限定イベント「綾辻行人×辻村深月」トークイベントレポ

ミステリ好きは注目! 「メフィストリーダーズクラブ」の限定イベント「綾辻行人×辻村深月」トークイベントレポ

京極夏彦、森博嗣、舞城王太郎に西尾維新……唯一無二の才能を多数輩出してきた雑誌『メフィスト』(講談社)。2020年10月から休刊していた同誌が、オンライン上の読書クラブ「Mephisto Readers Club〈メフィストリーダーズクラブ/MRC〉」の会員にお届けする会報誌へとリニューアル! これを記念し、10月に会員限定オンラインイベントが開催。『メフィスト』創刊時から執筆陣に名を連ねていた綾辻行人さんと、メフィスト賞出身の辻村深月さんの対談が行われた。

辻村「リニューアルの話を聞いたときは、爆笑しました。愛が強すぎて」

進行もつとめる綾辻さんからまず「MRC立ち上げと、会報誌になると聞いたときはどう思いましたか?」と問われ、「爆笑したんですよね」と答えた辻村さん。

辻村「編集部の人たちの愛がすごいなと思って(笑)。たぶん、今の編集部員の方々って、ご自身が『メフィスト』を読んできた世代なんですよね。自分たちの愛してきた『メフィスト』を、同じように愛している仲間に届けたいっていう目線で出てきた発想なんだろうな、と。愛のすごさに爆笑したのち、心強いな…

全文を読む

ベストレビュアーを決めるのはあなた! 本好きたちによる熱いレビューが大集合の読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」第2次審査投票が開始

ベストレビュアーを決めるのはあなた! 本好きたちによる熱いレビューが大集合の読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」第2次審査投票が開始

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動し、ベストレビュアーを決定するコンテスト「第6回 レビュアー大賞」の優秀レビュアー24名が決定し、第2次審査投票が開始されました。

 同企画は、課題図書8作品のレビューを募集し、予選・本選を経て作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ決定。さらにその中から“ベスト・オブ・ベストレビュアー”を選出するというもの。

 課題図書のラインナップは、公開中の映画が話題の瀬尾まいこの『そして、バトンは渡された』や、本屋大賞受賞作(2018年)の辻村深月『かがみの孤城』を含む注目の8作品。現在、優秀レビュアーに選出された各作品3名ずつのレビューは、特設ページで見ることができます。

 課題図書を読んだ人も、まだ読んでいないという人も、優秀レビュアーの素晴らしいレビューを読み「これは!」と思うレビューに投票してみましょう。投票期間は2021年11月28日(日)まで!

〈第6回 読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞2021〉 【開催⽇時】 投票期間:2021年11⽉15⽇(⽉)12:0…

全文を読む

「辻村深月」のおすすめ記事をもっと見る

「辻村深月」のレビュー・書評をもっと見る

「辻村深月」の本・小説

傲慢と善良 (朝日文庫)

傲慢と善良 (朝日文庫)

作家
辻村深月
出版社
朝日新聞出版
発売日
2022-09-07
ISBN
9784022650597
作品情報を見る
あなたの涙は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたの涙は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
乃南アサ
篠田節子
宇佐美まこと
王谷晶
降田天
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2022-09-09
ISBN
9784569902364
作品情報を見る
噓つきジェンガ

噓つきジェンガ

作家
辻村深月
出版社
文藝春秋
発売日
2022-08-25
ISBN
9784163915845
作品情報を見る
噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

作家
辻村深月
出版社
講談社
発売日
2018-06-14
ISBN
9784065118252
作品情報を見る
はじめての

はじめての

作家
島本理生
辻村深月
宮部みゆき
森絵都
出版社
水鈴社
発売日
2022-02-16
ISBN
9784164010044
作品情報を見る
傲慢と善良

傲慢と善良

作家
辻村深月
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-03-05
ISBN
9784022515957
作品情報を見る
琥珀の夏

琥珀の夏

作家
辻村深月
出版社
文藝春秋
発売日
2021-06-09
ISBN
9784163913803
作品情報を見る

「辻村深月」人気の作品ランキングをもっと見る

「辻村深月」の関連画像・写真

「辻村深月」の関連画像・写真をもっと見る