読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

辻村深月

職業・肩書き
作家
ふりがな
つじむら・みつき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1980年山梨県生まれ。2004年、『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞し、デビュー。著書に『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『島はぼくらと』『盲目的な恋と友情』『朝が来る』など多数。『ツナグ』で吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』で直木賞を受賞。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2004年
『冷たい校舎の時は止まる』第31回メフィスト賞
2011年
『ツナグ』第32回吉川英治文学新人賞
2012年
『鍵のない夢を見る』第147回直木賞
2018年
『かがみの孤城』第15回本屋大賞

「辻村深月」のおすすめ記事・レビュー

「この予告だけでちょっと泣ける」映画「ドラえもん」最新作の脚本は辻村深月が担当!

「この予告だけでちょっと泣ける」映画「ドラえもん」最新作の脚本は辻村深月が担当!

「ドラえもん」の最新映画のタイトルが、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」に決定したことが明らかに。脚本は小説家・辻村深月が担当することも発表され、「これは絶対に面白くなるやつ!」と注目を集めている。

 今回の映画の舞台となるのは、月。月にウサギがいると信じているのび太は、ドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国をつくることに。同じ頃クラスには不思議な転校生・月野ルカが現れ、のび太たちはルカを連れてウサギの王国に遊びに行く――。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

 辻村は2004年に『冷たい校舎の時は止まる』でデビューし、2012年には『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。熱烈なドラえもんのファンでもあり、『凍りのくじら』では章タイトルがすべて『ドラえもん』のひみつ道具になっている。

 監督は映画「新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」「新・のび太の日本誕生」を手がけた八鍬新之介が務め、レギュラー声優に加えて広瀬アリス、柳楽優弥、吉田鋼太郎といった豪華ゲスト声優も…

全文を読む

“ズッコケファン代表” 辻村深月と作者のトークショーも!「ズッコケ三人組」シリーズ誕生40周年。同窓会イベント開催!

“ズッコケファン代表” 辻村深月と作者のトークショーも!「ズッコケ三人組」シリーズ誕生40周年。同窓会イベント開催!

 『それいけズッコケ三人組』をはじめとする「ズッコケ三人組」シリーズは、今年で誕生から40周年。節目となる年を記念して、2018年8月4日(土)と8月5日(日)に「あつまれ! ズッコケ三人組40周年同窓会」が開催される。  「ズッコケ三人組」シリーズは1978年から刊行が始まった児童書で、累計2500万部のベストセラー。短気でおっちょこちょいのハチベエ、物知りだけど理屈っぽいハカセ、マイペースで気が弱いモーちゃんという3人組の活躍を描き、高い人気を集めてきた。今回開催される同窓会イベントでは、現役の読者はもちろん、かつてのファンも楽しめる様々な企画が予定されている。

 イベントでは誰でも参加できる「目指せズッコケチャンピオン! ウルトラ・クイズバトル」が実施されるほか、アニメ『ズッコケ三人組』の一挙上映も! 8月5日(日)には、“ズッコケファン代表”として直木賞作家・辻村深月が作者・那須正幹とトークショーを行う。

 また2日間にわたって開かれる「ビブリオバトル大会」は、1人5分間の発表でおススメの巻を紹介し合いチャンプ本を決める書評合戦。シリーズ全5…

全文を読む

『かがみの孤城』本屋大賞受賞記念! 辻村深月×長濱ねる(欅坂46)対談が『ダ・ヴィンチ』7月号に掲載!

『かがみの孤城』本屋大賞受賞記念! 辻村深月×長濱ねる(欅坂46)対談が『ダ・ヴィンチ』7月号に掲載!

 全国の書店員が選ぶ「2018年本屋大賞」に輝いた、辻村深月『かがみの孤城』。

 その受賞を記念して、作者である辻村深月と、その作品を「小学生の頃から読んでいた」と語る欅坂46・長濱ねるとの対談記事が、『ダ・ヴィンチ』7月号(6月6日発売)に掲載される。

 長濱はアイドルグループ・欅坂46に所属する19歳。10代を中心に若年層から熱烈な支持を集める同グループと、辻村の小説作品との深い結びつきが、辻村の元に届いたあるファンレターをきっかけに明かされてゆく。

 その他にも、『かがみの孤城』の主人公・こころに重なる部分があったと語る長濱の学生時代のエピソードや、同作執筆時に「ある言葉」を使わないようにしていたという辻村の創作論に加え、18万部を突破している長濱のファースト写真集『ここから』を読んだ辻村によるコメントなど、4ページにわたって二人の対談が掲載されている。

写真=山口宏之

全文を読む

「子供を育てるのは情操教育や教科書じゃありません」辻村深月×尾木ママ対談【後編】

「子供を育てるのは情操教育や教科書じゃありません」辻村深月×尾木ママ対談【後編】

 読売新聞で連載されていた辻村深月さんの『青空と逃げる』が、このほど中央公論新社より単行本化。先日、東京・神楽坂で開催された第3回本のフェスで、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹さんと「“母になる”ってどういうこと?」と題した出版記念の子育て対談が行われた。6歳と2歳の子を持つお母さんである辻村さんだけに、「尾木さんに聞きたいことがたくさんある!」と対談はヒートアップ。後半は親子の「対話」の重要性に迫ります。

■子供の声を心で受け止めて、「心」を聴く大切さ

辻村深月氏(以下、辻村):私、自分が妊娠・出産する時に「出家する」みたいな気持ちだったんです。メディアがおどすんですよ、眠れないとか、ワンオペ育児になるとか。出産したら自分の楽しみもすべて子供に捧げなきゃいけないし、そうすることを世の中に求められるんだろうと思ってたんです。で、出産してはじめて思ったのは、「え? かわいいんだけど」だったんですね(笑)。

 マイナス100くらいと思い込んでいたのにプラスがある。それに出産しても私は私のままで、急に母親という別のものになるわけではなかった。でも、一つ…

全文を読む

「いじめは絶対に解決します。人間のやることなんだから、絶対です!」辻村深月×尾木ママ対談【前編】

「いじめは絶対に解決します。人間のやることなんだから、絶対です!」辻村深月×尾木ママ対談【前編】

 読売新聞で連載されていた辻村深月さんの『青空と逃げる』が、このほど中央公論新社より単行本化。先日、東京・神楽坂で開催された第3回本のフェスにて、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹さんと「“母になる”ってどういうこと?」と題した出版記念の子育て対談が行われた。6歳と2歳の子を持つお母さんである辻村さんだけに、「尾木さんに聞きたいことがたくさんある!」と対談はヒートアップ。大事なヒントがたくさん飛び出したこの対談、冒頭から「いじめ問題」に真正面から向き合った。

■こんなに「いじめ、いじめられ」が蔓延した国はない!

尾木直樹氏(以下、尾木ママ):辻村さんがすごいと思うのは、中学生の感性をすごく的確にとらえられていることですね。「いじめ問題」はよくドキュメンタリーになっていますが、辻村さんの作品のほうがよっぽどリアリティがある。自然な形でいじめの辛さや非人間性が見えてきます。学校で国語の先生をやっていた時、10年に一人くらいものすごく文才のある子に会えるのが楽しみだったんですが、辻村さんはやっぱり誰よりもすごかった!

辻村深月氏(以下、辻村):ありがとう…

全文を読む

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2018」の受賞作が決定した。

 ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれたのは、辻村深月氏の『かがみの孤城』(ポプラ社)。  翻訳小説部門では『カラヴァル 深紅色の少女』(ステファニー・ガーバー:著、西本かおる:訳/キノブックス)が選ばれた。 ●2018年本屋大賞大賞受賞作 『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)

⇒辻村さんインタビューはこちら ⇒作品レビューを読む

●2位 『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)

⇒柚月裕子さん×ひふみんトークイベントはこちら

●3位 『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)

⇒作品レビューを読む

●4位 『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)

●5位 『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)

⇒作品レビューを読む

●6位 『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)

⇒関連ニュースはこちら

●7位 『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

●8位 『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)

⇒作品レビューを読む

●9位 『百貨の魔法』(村山早紀/ポ…

全文を読む

「第3回本のフェス at神楽坂」3月24日に開催! 辻村深月さん×尾木ママ「母になる」がテーマのトークイベントも!

「第3回本のフェス at神楽坂」3月24日に開催! 辻村深月さん×尾木ママ「母になる」がテーマのトークイベントも!

 すべての人に向けて新しい本の楽しみ方を提供する、「第3回本のフェス at神楽坂」が2018年3月24日(土)に開催される。  「本のフェス」は2016年に1,000人、2017年には3,000人を集めた実績をもつ大人気イベント。豪華ゲストによるトークイベントや本の販売会など、本に関するさまざまなイベントを展開していく。  「辻村深月×尾木直樹(尾木ママ)トークイベント」では、「『母になる』ってどういうこと?」をテーマに、自身も母である直木賞作家の辻村と教育評論家の尾木ママが熱く語り合う。また、「さんまのからくりTV」や「金スマ」を手がけたプロデューサー・角田陽一郎とコルク・佐渡島庸平が語る「これからの作家デビューの方法とは」にも注目したい。  「読まずに『分かる!』読書術 特別講座」では脳科学や認知心理学、ビッグデータに基づく「新読書法」を伝授する。そして「はじめての海外文学~『キオスク』を読む~」は翻訳家たちとゆるく語り合う、“こわくない”読書会。『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの翻訳者・越前敏弥がコーディネーターを務めるほか、多数の翻訳家が…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2018年1月号】 目次をチェック!

【ダ・ヴィンチ2018年1月号】 目次をチェック!

あなたが選ぶ、今年最も心に残った一冊は? BOOK OF THE YEAR 2017

◎小説ランキングTOP50 [インタビュー]辻村深月/川原 礫/今村夏子 ◎コミックランキングTOP50 [インタビュー]羽海野チカ/田中圭一/野々村 朔 ◎ほかジャンル別ランキング 文庫/エンタメ・実用書/ビジネス・教養/エッセイ・ノンフィクション/作家/マンガ家/出版社 [インタビュー]又吉直樹/星野 源 ◎出版ニュースオブザイヤー ◎2017年話題の作家 今年、もっとも心をふるわせた「音楽」ドラマ [特別対談] 恩田 陸×石塚真一 [インタビュー] 古屋雄作『うんこ漢字ドリル』 河合雅司『未来の年表』 柳澤英子『やせるおかずつくりおき』 ◎今年の顔が選ぶ! おすすめの1冊 [インタビュー&スペシャルグラビア]高橋一生 [インタビュー]高畑充希/内藤哲也/坂本龍一 ◎[読書メーター×ダ・ヴィンチ]読書メーターOF THE YEAR ◎本読みのプロが選ぶ、「とっておき」の今年の3冊 ◎[描き下ろしマンガ]柳本光晴/久世 岳/白浜 鴎 ◎[文学賞メッタ斬り!対…

全文を読む

「辻村深月」のおすすめ記事をもっと見る

「辻村深月」のレビュー・書評をもっと見る

「辻村深月」の本・小説

かがみの孤城

かがみの孤城

作家
辻村深月
出版社
ポプラ社
発売日
2017-05-11
ISBN
9784591153321
作品情報を見る
鍵のない夢を見る

鍵のない夢を見る

作家
辻村深月
野口 花緒
Audible Studios
出版社
Audible Studios
発売日
2016-07-27
ASIN
B01J0DP9GM
作品情報を見る
朝が来る (文春文庫)

朝が来る (文春文庫)

作家
辻村深月
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-04
ISBN
9784167991333
作品情報を見る
パッとしない子

パッとしない子

作家
辻村深月
星河 舞
Audible Studios
出版社
Audible Studios
発売日
2017-12-15
ASIN
B077Y3RZRW
作品情報を見る
氷室冴子: 没後10年記念特集 私たちが愛した永遠の青春小説作家 (文藝別冊)

氷室冴子: 没後10年記念特集 私たちが愛した永遠の青春小説作家 (文藝別冊)

作家
氷室冴子
新井素子
飯田晴子
伊藤亜由美
榎木洋子
榎村寛之
荻原規子
菊地秀行
木村朗子
久美沙織
近藤勝也/YUME
嵯峨景子
須賀しのぶ
菅原弘文
高殿円
田中二郎
俵万智
辻村深月
ひかわ玲子
藤田和子
堀井さや夏
三浦佑之
三村美衣
群ようこ
山内直実
柚木麻子
夢枕獏
出版社
河出書房新社
発売日
2018-08-28
ISBN
9784309979533
作品情報を見る
きのうの影踏み (角川文庫)

きのうの影踏み (角川文庫)

作家
辻村深月
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041069929
作品情報を見る
ナベちゃんのヨメ

ナベちゃんのヨメ

作家
辻村深月
ざいき りか
Audible Studios
出版社
Audible Studios
発売日
2016-07-06
ASIN
B01HM6M6EM
作品情報を見る
家族シアター (講談社文庫)

家族シアター (講談社文庫)

作家
辻村深月
出版社
講談社
発売日
2018-04-13
ISBN
9784062938488
作品情報を見る

「辻村深月」人気の作品ランキングをもっと見る

「辻村深月」の関連画像・写真

「辻村深月」の関連画像・写真をもっと見る