作者「正気か!?」『金田一少年の事件簿』犯人総選挙で1位に輝いた「地獄の傀儡師」がマンガ化!

アニメ・マンガ

2018/6/20

 ドラマやアニメなど、どのメディアでも大ヒットしている『金田一少年の事件簿』。同作の人気キャラ「地獄の傀儡師」を主人公としたエピソードが、『少年マガジン』の公式アプリ「マガポケ」で連載されて反響が続出している。

 連載されたのは、『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』という本編スピンオフ。同作は犯人側の視点に立った斬新なストーリーで、ネット上では発表当初から「面白すぎる!」「ツッコミが鋭い」「犯人たちのリアルな心情に笑う(笑)」と話題になっていた。

 今回漫画化が決定したのは、今年2月に開催された「『金田一少年の事件簿』犯人総選挙」の結果によるもの。同企画では1期の長編シリーズ(File1~26)に登場した犯人26名のうち、まだ外伝でエピソード化されていない18名で人気投票を実施。「地獄の傀儡師」が見事1位に輝き、めでたく漫画化された。

 ネット上にはさっそく反響が続出。「読み終わったけど、さすが高遠は外伝主役の中でも格が違った」「皆が言ってた意味が分かった。金田一に出会ったからこそ『地獄の傀儡師』が生まれたんだなぁ」「いい具合に高遠のネジが飛んでた(笑)」「高遠が出る『犯人たちの事件簿』見たんですが、『“地獄の傀儡師”という人格を生み出したのは、高遠本人ではなく金田一』って感じでアツい」などの声が上がっている。

 漫画担当の船津紳平は、「『1位に選ばれたので、腹を括って魔術列車を描いて欲しい』と担当に言われた時、『正気か!?』と思いました」と率直なコメントを公表。しかし「何事も挑戦、やるからには頑張るしかない」と熱い意気込みも見せているので、気になる人はぜひチェックしてみよう。