「胸アツ展開」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」12話、鬼太郎の仲間たちと強敵・八百八狸軍団が激突!

アニメ・マンガ

2018/6/23

 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第12話が、2018年6月17日(日)に放送された。強敵・八百八狸軍団との対決が描かれ、「鬼太郎ファミリーの総力戦にめちゃくちゃ燃えた!」「仲間たち全員に見せ場があって最高だった」「最終回みたいな胸アツ展開ごちそうさまです!」と大反響を呼んでいる。

 八百八狸軍団は、強い妖力を持つ刑部たぬきのもとに808匹の子分が集まったタヌキ妖怪の集団。前回の放送では八百八狸軍団が日本を支配するために行動を始め、それを阻止しようとした鬼太郎が呪いによって石化。今回は窮地に陥った鬼太郎の代わりに、仲間たちが奮闘する姿が描かれた。

 敵地である地下世界に潜入した鬼太郎の仲間たち。まず最初に一反もめんが「ここはおいに任せて先にいきんしゃい」と言い、追ってきたタヌキ妖怪たちの行く手を阻む。しかし健闘もむなしく、一反もめんはタヌキ妖怪の“ふんどし”にされてしまう。

 続いて子泣きじじいが妨害役を買って出ると、「おばば、今まで楽しかったぞ」と仲間の砂かけばばあに一言。しかし砂かけばばあは「何を言っとるんじゃ。まだ立て替えた酒代返してもらってないからな」と応じて、子泣きじじいと共に並び立つ。そして命を削るほどの大技“砂太鼓”を放ち、見事タヌキ妖怪の子分を撃破してみせた。

 仲間たちの見せ場が次々と描かれる演出には、「今回の展開、少年マンガの最終回みたいでめっちゃカッコいいな!」「鬼太郎の代わりに全力で戦う仲間たちに感動して泣いてしまった」「おばばの最強技、砂太鼓がここで登場したの熱すぎるでしょ!」と興奮するファンが続出している。

 終盤では刑部たぬきが乗り移った巨大な妖怪獣と、石化から回復した鬼太郎が一騎打ち。鬼太郎は人間の女の子・犬山まなの協力を受けて強力な指鉄砲を放ち、見事強敵を撃破した。

 八百八狸軍団の撃退に成功した一方、騒動の裏では謎の存在が暗躍していたようす。今後も凶悪な妖怪との白熱したバトルを楽しめそうだ。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/