「勝手に決めるとか流石www」ボルトの予測不能な行動に視聴者大爆笑【アニメ「BORUTO」77話】

アニメ・マンガ

2018/10/20

 2018年10月14日(日)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第77話「強敵、ガラガの猛攻!!」で、ボルトの取った行動が話題に。「まさかのお前かよ!」「サラダじゃないんだwww」と爆笑の声が上がっている。

 狂暴な大蛇・ガラガの“逆鱗(げきりん)”を奪うために戦いを挑むボルトたち。なんとしてもミツキの情報を手に入れたい一行は、協力してガラガを追い詰めようとする。しかしガラガは簡単に倒せるような相手ではない。敵の居場所を敏感に察知し、相手を石に変えてしまう力を持つガラガに大苦戦。さらにガラガは自分が戦いやすい場所に移動し、不利な状況は悪化する一方だった。

 ところが戦いの最中でガラガの動きに違和感を覚え、ボルトたちは反撃をすることに。ガラガが“いのじんの術・超獣偽画”に反応できないことを逆手に取り、やっとの思いで追い詰めることに成功。すると傷ついたガラガの目が開き、同時にボルトは不思議な感覚にとらわれる。

 ボルトが目にしたのは、ガラガが人間と一緒に居た頃の回想シーン。ガラガはかつて人間と共に行動していて、戦いの最中に置き去りにされた過去が。人間を嫌いになった理由が、裏切りだと知ったボルトは「決めたってばさ。俺はガラガの逆鱗を奪わねぇ」「コイツと口寄せ契約する!」と思いもよらない決断をした。

 予想もしなかったボルトの行動に、ネット上では「息子は蛇なの!?」「サラダが蛇と契約するのかと思った…」「勝手に決めるとか流石ボルトwww」「ガラガの意思は無視かよ!」「ガラガもいいやつだけど、ボルトはもっといいやつだな」といった反響が続出している。

 その後ガラガとは、“ミツキを取り戻せなければボルトを殺す”という条件で口寄せの契約を交わすことに。白蛇仙人の所に戻り、逆鱗ではなくガラガ本体を連れてきて見事に試練をクリアする。ミツキの蛇に残っていた思念を頼りに、今度は“土の国”へと向かっていくのであった。

 ボルトの予測不能な行動は、父親のナルト譲りなのかもしれない。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/