乃木坂46・齋藤飛鳥“デートグラビア”に反響続出【マガジン2・3合併号】

エンタメ

2018/12/16

img01.jpg
『週刊少年マガジン』2・3合併号(講談社)

 2018年12月12日(水)発売の『週刊少年マガジン』2・3合併号では、表紙&巻頭グラビアに乃木坂46の齋藤飛鳥が登場。魅力がたっぷりと詰まった16ページの大ボリュームグラビアに、「マジで可愛い以外の言葉が出てこない… サンキュー『マガジン』!」「間違いなく今世紀で一番のグラビアです」と早くも大きな反響が巻き起こっている。

 “アイドル界一の小顔”と称される齋藤。彼女はここ最近、トップをひた走る乃木坂46の中でも一際目立つ活躍ぶりを見せている。今年の10月には映画「あの頃、君を追いかけた」のヒロインを演じ、また先日は乃木坂メンバー初となる「情熱大陸」への出演も果たした。そんな齋藤が今回のグラビアで見せるのは、20歳を迎えて新たな魅力を身につけたこれまでとは違う一面。

 はじめのショットで齋藤は、「今日は、なにしましょうか。」という吹き出しと共に部屋着姿を披露する。そこから1日の様子を追いかけるように展開され、様々なシチュエーションで彼女らしい表情を覗かせた。

 まずは、家の中でゆったり読書する姿やコーヒーをいれているシーンから。ロングヘアーを後ろにスッキリとまとめたスタイルは、ラフな姿ながらもどこか色気が漂っている。そして家でゆっくりした後は、釣り堀や水族館にお出掛け。見開きのページでは大きくジャンプするイルカとのショットも披露され、大ボリュームのグラビアに相応しいスケールに。

 またページの後半では、“あすかのBEST3”も大公開。「クリスマスの日に行ってみたいところは?」「好きな焼肉の部位は?」「好きな小説は?」などの質問に包み隠さず答えてくれている。

 休日の彼女に密着したような貴重なショットの数々に、「ホントに全ページ可愛い!」「全然飾ってない感じがよく出てると思う。ホントあしゅらしい(笑)」とファンも大興奮。

 ちなみに『週刊少年マガジン』の公式SNSでは、齋藤のアザーカットも公開されている。興味のある人はこちらもチェックしてみよう!

◆『週刊少年マガジン』公式Twitter
https://twitter.com/shonenmagazine1

◆『週刊少年マガジン』公式インスタグラム
https://www.instagram.com/shonenmagazine.kousiki/