「ちょっとずつ成長してる…!」 スミレの修行で大きくなった鵺が話題【アニメ「BORUTO」96話】

アニメ・マンガ

2019/3/9

img01.jpg
『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』7巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第96話「血と汗となみだ」が、2019年3月3日(日)に放送された。久しぶりにスミレの口寄せ動物・鵺が登場し、「ちょっとずつ成長してる…!」と話題になっている。

 今回のエピソードは、第15班のメンバー・雀野なみだが主人公。なみだは大音量の“泣き声”で聴覚にダメージを与える術が使えるのだが、感情のコントロールが不安定なせいで味方まで巻き込むことが。商人を盗賊団から守る任務でも、敵味方関係なく失神させてしまった。このままでは任務に支障をきたすと心配されたなみだは、泣くのをやめて新しい技を修行すると決意。15班の担当上忍である日向ハナビに水遁の術を習う。

 ハナビ曰く、なみだに必要なのはチャクラをコントロールするスキル。集中力を妨げる“泣き虫”を直すため、ハナビとなみだは1日中厳しい修行を続ける。なみだの努力を目の当たりにしたスミレとワサビも、翌日から修行に参加。それぞれ得意な忍術を駆使し、なみだと対戦した。

 スミレが口寄せの術で呼び出したのは、かつて里で大暴れした鵺。その時は巨大な獣の姿だったが、今はスミレの力不足もあって猫程度の大きさになっている。修行を重ねた15班は、再び大事な荷物を運ぶ商人の一行を護衛。襲ってきた強盗団をパワーアップした忍術で撃退していく。

 実践の場でスミレが呼び出した鵺は、修行の時よりも大きく大型犬ほどのサイズ感。視聴者からは「さっきよりだいぶ成長してない!?」「ヌエが大ヌエに進化した」「スミレが強くなれば徐々に本来の姿に戻るのか」と驚きの声が続出している。大きな鵺は盗賊の一人にとびかかり、噛みつく前にスミレが制止。「大きくなってもスミレに懐いてて可愛い」「女の子チームには心強い味方だね」と好評のようだ。

 なみだは水遁をコントロールするために鍛えたチャクラで、泣き声を狙った相手にだけぶつける技を編み出す。まだまだ連続では使えない未熟な新技のようだが、今後もなみだの活躍に期待しよう。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/