玉城ティナのウェイトレス姿に「超かわいい!」 藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』の最新予告映像に歓喜の声

エンタメ

2019/5/6


 藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』の最新予告動画が公開された。これまで謎に包まれていたヒロイン・オオバカナコ役が玉城ティナであることも明かされ、「ティナちゃんのウェイトレス姿超かわいい!」と話題になっている。

 蜷川実花が監督を手がける同作は、平山夢明の小説を原作とした作品。藤原演じる元殺し屋の天才シェフ・ボンベロが店主を務める会員制ダイナーを舞台とした物語だ。ダイナーではボンベロに買われた女・オオバカナコがウェイトレスとして働いているのだが、今回公開された予告編ではカナコ役が玉城だと判明。玉城は水色のウェイトレス衣装を身に纏い、危険なダイナーとボンベロに翻弄されていく。

 ダイナーに訪れる客は、人殺しを生きがいとする危険な人間ばかり。映画には窪田正孝、本郷奏多、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキなど計10人の豪華俳優陣が殺し屋役で出演する。予告編では彼らのビジュアルも解禁となり、それぞれインパクトの強い姿で登場。「傷だらけの窪田君が美しすぎない!?」「小栗旬の妖艶な感じが最高にハマってた」「戸惑うティナちゃんがクレイジーさを引き立ててる」と、本編への期待も高まっているようだ。

 玉城は撮影現場でのことを振り返り、「毎日オオバカナコと同じ気持ちで潰されないように生きておりました。再構築されたまた新しい蜷川版Dinerをお楽しみに」とコメント。ファンからは「このメンツと共演なんてすごい」「予告編だけでも迫真の演技が伝わってきた」「ティナちゃんの可愛さが蜷川さんの世界観にピッタリ」と、祝福の声も寄せられている。

 現在Webマンガサイト「となりのヤングジャンプ」では、コミカライズ版を連載中。2019年4月19日(金)には単行本の最新6巻が発売された。さらに文芸雑誌『asta』のWEBサイト「WEB asta」では、『ダイナー』の続編にあたる『ダイナーⅡ』を連載中。映画は7月5日(金)公開なので、待ちきれない人は小説や漫画も手にとってみては?

■映画「Diner ダイナー」

原作:平山夢明
監督:蜷川実花
出演:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二 ほか
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

◆「WEB asta」公式サイト:http://www.webasta.jp/

img01
『ダイナー』(平山夢明/ポプラ社)