読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

玉城ティナ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たましろ・てぃな

「玉城ティナ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

玉城ティナ「よく読まれているから”という理由で、本を選んだことはこれまで一度もないかもしれません」

玉城ティナ「よく読まれているから”という理由で、本を選んだことはこれまで一度もないかもしれません」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、“いっぺん、死んでみる?”の殺し文句とともに、閻魔あいとして映画『地獄少女』に“降臨”した玉城ティナさん。アニメ、マンガを通じ、みずからもファンだったという、その作品への想い、そして独自のスタイルで楽しむ本選びについて伺った。

玉城ティナたましろ・てぃな●1997年、沖縄県生まれ。講談社主催の「ミスiD2013」で初代グランプリ、14歳で「ViVi」の最年少専属モデルに。映画デビュー作は『天の茶助』、『わたしに××しなさい!』で初主演。出演作に『チワワちゃん』『Dinerダイナー』『惡の華』など多数。公開待機作に『AI崩壊』。 ヘアメイク:Takako Imai スタイリスト:Hiromi Nakamoto

「選ぶジャンルが、そのときの自分の気分によって、まったく違う。“これが今、よく読まれているから”という理由で、本を選んだことはこれまで一度もないかもしれません」という玉城さん。だから実際に自分の手に取…

全文を読む

「“死んでみる?”の言い方にゾクゾクした」 玉城ティナ主演映画「地獄少女」のポスター&特報解禁!

「“死んでみる?”の言い方にゾクゾクした」 玉城ティナ主演映画「地獄少女」のポスター&特報解禁!

 玉城ティナ主演映画「地獄少女」のポスタービジュアルと特報映像が解禁。主人公・閻魔あいの決め台詞も登場し、「これは想像よりはるかにいい映画になりそう!」「ティナちゃんの演技に鳥肌立った」と話題になっている。

 同作は、わたなべひろし原案のホラーアニメを実写化した作品。午前0時にアクセスすると人を呪い殺せるというサイト「地獄通信」と、サイトに引き寄せられた人の前に現れる謎の少女・閻魔あいを巡る物語だ。ポスタービジュアルは、玉城演じるあいが藁人形を持っている姿。中央には怪しく光を放つウェブサイトの検索バーもあり、ネットから始まるホラーであることが表現されている。

 あいの呪いの実行を手伝う3人の妖怪を演じるのは注目の俳優陣。美女に化けているガイコツ・骨女を橋本マナミ、おじいさんの姿をした輪入道を麿赤兒が演じ、隠された目でどんな場所でも覗ける一目連にはオーディションで抜擢された楽駆がキャスティングされた。

 特報動画では、「地獄通信」の噂話で盛り上がる女子生徒や、あいが依頼人の前に現れる場面が。パソコン画面から飛び出す無数の手、床に吸い込まれる人の腕など、…

全文を読む

“超変態狂騒劇” 映画「惡の華」の特報&ティザービジュアル解禁!

“超変態狂騒劇” 映画「惡の華」の特報&ティザービジュアル解禁!

 伊藤健太郎と玉城ティナが出演する実写映画「惡の華」の特報映像とティザービジュアルが公開。「2人ともめっちゃいい表情してる」「ティナちゃんの“クソムシが”で興奮した」と歓喜の声が相次いだ。

 同映画は、押見修造の漫画を原作とした作品。伊藤はクラスメイトの体操服を盗んだ主人公・春日高男、玉城は春日と秘密の契約を結ぶクラスの変わり者・仲村佐和を演じる。ティザービジュアルは春日と佐和の2パターンあり、背景になっている教室は机や椅子がひっくり返り壁に落書きがされているという荒れっぷり。目玉のついた花のようなイラストや、「僕は変態なんかじゃ…ない」「クソムシが」とそれぞれの印象的なセリフも添えられている。

 特報映像は教室の真ん中で春日を罵倒する佐和のセリフから始まり、春日が「佐伯」と書かれた体操着を嗅いだり佐和と一緒に教室を荒らす姿が。クラスのマドンナ・奈々子役の秋田汐梨やクラスの人気者・常磐文役の飯豊まりえなど、物語を彩る共演者の姿も映し出されていく。

“超変態狂騒劇”と名付けられた刺激的な映像は、「健太郎くんの叫びが迫真」「目まぐるしくてアトラクションに乗…

全文を読む

玉城ティナのウェイトレス姿に「超かわいい!」 藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』の最新予告映像に歓喜の声

玉城ティナのウェイトレス姿に「超かわいい!」 藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』の最新予告映像に歓喜の声

 藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』の最新予告動画が公開された。これまで謎に包まれていたヒロイン・オオバカナコ役が玉城ティナであることも明かされ、「ティナちゃんのウェイトレス姿超かわいい!」と話題になっている。

 蜷川実花が監督を手がける同作は、平山夢明の小説を原作とした作品。藤原演じる元殺し屋の天才シェフ・ボンベロが店主を務める会員制ダイナーを舞台とした物語だ。ダイナーではボンベロに買われた女・オオバカナコがウェイトレスとして働いているのだが、今回公開された予告編ではカナコ役が玉城だと判明。玉城は水色のウェイトレス衣装を身に纏い、危険なダイナーとボンベロに翻弄されていく。

 ダイナーに訪れる客は、人殺しを生きがいとする危険な人間ばかり。映画には窪田正孝、本郷奏多、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキなど計10人の豪華俳優陣が殺し屋役で出演する。予告編では彼らのビジュアルも解禁となり、それぞれインパクトの強い姿で登場。「傷だらけの窪田君が美しすぎない!?」「小栗旬の妖艶な感じが最高にハマってた」「戸惑うティナちゃんがクレイジーさを引き立ててる…

全文を読む

玉城ティナ「地獄から来た感が出せるように…」 「地獄少女」実写映画化決定にファン大興奮

玉城ティナ「地獄から来た感が出せるように…」 「地獄少女」実写映画化決定にファン大興奮

『地獄少女』1巻(漫画:永遠幸、原作:地獄少女プロジェクト/講談社)

 “憎い相手を地獄流しにする”という過激なミステリーホラー、「地獄少女」の実写映画化が決定した。公開は2019年の秋だが、これを知ったファンからは「本格的なホラー映画になりそう! スゴく楽しみ!」「今からワクワクが止まらない」と早くも期待の声が上がっている。

 テレビアニメや漫画だけでなく、ドラマや舞台など様々なメディアで展開されてきた「地獄少女」。同作は午前0時にだけアクセスできるサイト「地獄通信」を介し、人が持つ“怨み”をキッカケに物語が展開する。「地獄通信」は、若者の間でまことしやかに囁かれる都市伝説のような存在。依頼主の怨みの感情に共鳴した時のみ、地獄少女の閻魔あいが現れて憎い相手を地獄へと送り流す。しかし“人を呪わば穴二つ”の言葉通り、相手を地獄に送れば自分も死後は地獄行き。閻魔あいの目から、人が抱える弱さや悲しみが浮き彫りになっていく―。

 主役の閻魔あい役に抜擢されたのは、玉城ティナ。彼女は、「原作はわたしの世代では知らない人がいないくらい有名なので、最初お話を頂いた…

全文を読む

土屋太鳳×玉城ティナの“帰宅部リンクコーデ”に注目! 『ViVi』4月号と映画「PとJK」が特別コラボ!

土屋太鳳×玉城ティナの“帰宅部リンクコーデ”に注目! 『ViVi』4月号と映画「PとJK」が特別コラボ!

(C)蓮井元彦

 人気の女性ファッション雑誌『ViVi』と映画「PとJK」が特別コラボした『ViVi』4月号が、2017年2月23日(木)に発売される。映画で共演した土屋太鳳と玉城ティナが2人で登場し、仲良しの2人を撮影したファッションや、お互いの第一印象や映画の撮影裏話を語っている。

 原作の『PとJK』は累計310万部を記録した『別冊フレンド』の大人気連載マンガ。警察官と女子高生のラブストーリーを描いたもので、実写映画では亀梨和也と土屋太鳳が主演を務めている。

 同誌面では、映画の中で親友役を演じる土屋と玉城を「帰宅部」というテーマで撮影。寄り道をしながら仲良く道を歩く姿や、部屋でじゃれあう姿は、まさに放課後に一緒に遊ぶ帰宅部の女の子そのもの。リンクコーデで統一した2人のファッションにも注目だ。

(C)蓮井元彦

 インタビューでは、土屋は「ティナちゃんは話しかけたくなる人見知り」、玉城は「たおちゃんにはマイナスイオンの膜がある」とお互いの印象を語る。映画撮影中は、玉城が土屋を大笑いさせる場面もあったとか。

「ティナちゃんがいきなり、すごく面白い一…

全文を読む

野村周平、撮影現場で監督の膝の上に!? 映画「サクラダリセット」完成披露イベントに豪華キャスト陣が劇中衣装で登場

野村周平、撮影現場で監督の膝の上に!? 映画「サクラダリセット」完成披露イベントに豪華キャスト陣が劇中衣装で登場

 河野裕原作のライトノベル『サクラダリセット』シリーズが実写映画化。2部作で構成され、2017年3月25日(土)より前篇、5月13日(土)より後篇が全国ロードショーされる。2月9日(木)には完成披露舞台挨拶イベントが行われ、キャスト陣が映画への熱い思いや撮影裏話を語ってくれた。

 時制が錯綜する緊迫のミステリーであると同時に、刹那のときめきと悲しみが胸打つ青春ラブストーリでもある同作。住人の半数が特別な能力を持つ街、咲良田(さくらだ)を舞台に、驚異的な「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイが、“世界を最大3日分巻き戻す能力”「リセット」を持つ春埼美空と共に、2年前に死んでしまった同級生・相麻菫をよみがえらせるために立ち上がる。様々な能力を組み合わせた作戦に挑む少年少女の、壮大なストーリーが話題を呼んでいる。

 映画で主人公のケイを演じるのは、作品ごとに変幻自在の俳優力を見せる野村周平。ケイに絶対的な信頼をよせる美空役には、凛とした存在感で注目を集める黒島結菜が抜擢された。その他、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里といった、映画界の未来を担う豪華若…

全文を読む

学園一の美少女を殺したのは…? “イヤミス”の傑作『暗黒女子』映画予告編公開に大反響!

学園一の美少女を殺したのは…? “イヤミス”の傑作『暗黒女子』映画予告編公開に大反響!

『暗黒女子』(秋吉理香子/双葉社)

 読んだ後に嫌な気持ちになるミステリー・通称“イヤミス”の傑作として人気を誇る小説『暗黒女子』が映画化され、2017年4月1日(土)より公開されることが明らかとなった。公開されている予告編には、「怖すぎてたまらん!」「登場人物達のアク強っ! こりゃそそるわ」と大反響が上がっている。

 原作である『暗黒女子』は、2013年に発売された秋吉理香子による作品。聖母マリア女子高等学院で一番美しく、最もカリスマ性のあった女生徒・白石いつみの死を軸に物語は展開する。自殺か他殺か、事件が謎に包まれている中、彼女を殺したと噂される文学サークルの少女たちが集められ、事件の真相に光が当てられていく―。

 W主演を務めるのは、今注目を集める清水富美加と飯豊まりえ。公開に先駆けて予告編が公開されたのだが、その見応えが尋常じゃない。飯豊演じる白石が鈴蘭を手に花畑で永遠の眠りについている姿からスタートし、「この中の誰かが彼女を殺した…」と清水演じるサークルの副会長・澄川小百合が集められたメンバーに意味深に語り掛ける。

 続いてメンバーたちの学校で…

全文を読む

「玉城ティナ」のおすすめ記事をもっと見る

「玉城ティナ」の本・小説

  • ランキング

渇望

渇望

作家
玉城ティナ
出版社
講談社
発売日
2017-10-06
ISBN
9784062208246
作品情報を見る
玉城ティナ フォトブック Tina

玉城ティナ フォトブック Tina

作家
玉城ティナ
出版社
講談社
発売日
2015-03-26
ISBN
9784062194662
作品情報を見る
ティナのもちお

ティナのもちお

作家
玉城ティナ
出版社
宝島社
発売日
2014-09-20
ISBN
9784800232366
作品情報を見る

「玉城ティナ」人気の作品ランキングをもっと見る

「玉城ティナ」の関連画像・写真

「玉城ティナ」の関連画像・写真をもっと見る