「任侠コメディとスカパラって相性良すぎ」 映画「任侠学園」特報解禁! 主題歌は東京スカパラダイスオーケストラに決定

エンタメ

2019/5/27


 西島秀俊と西田敏行のW主演で制作される映画「任侠学園」の特報映像が公開。東京スカパラダイスオーケストラが手がける主題歌も解禁となり、「任侠コメディとスカパラって相性良すぎ!」と注目を集めているようだ。

 今野敏の小説を原作とした同作は、世間のルールを徹底して守る“社会貢献型”のヤクザ・阿岐本組の物語。組長の発案で経営不振の高校を立て直すことになった阿岐本組が、今どきの高校生や事なかれ主義の教師たちと向かい合う。西田は義理と人情に厚すぎる組長を演じ、西島は組長に振り回されがちなNO.2・日村役。伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基が組員役、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が生徒役で出演することも発表されていた。

 特報は「行くぞ!」と凄む日村のセリフから始まり、地域の住民に挨拶をしながら街を歩く組員たちの姿が。学校に潜入した日村組は教師や生徒に怯えられながらも、さまざまな問題を解決しようと奔走する。ラストでは組長が生瀬勝久演じる校長・綾小路に「私どもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と尋ねるシーンも。綾小路は「会ってすぐ」と間髪入れずに答え、組長は信じられないといった表情を浮かべている。

 スカパラの手がける主題歌「ツギハギカラフル」は、映画のために書き下ろされた楽曲。作曲を担当した谷中敦は、「価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました」とコメントを寄せた。

 予告を見た人からは、「西島さんのヤクザ役がサマになっててかっこいい!」「ドタバタ人情劇って感じでめっちゃ面白そう」「昔から続いてるシリーズものみたいな安定感のあるキャスト」と絶賛の声が続出。「西島さんもスカパラも大好きだから絶対観に行く」「ぴったりすぎて期待しかない」と主題歌にも好評の声が上がっている。

 公開日は2019年9月27日(金)に決定。阿岐本組がどんな方法で生徒たちを指導していくのか、劇場に確かめに行こう。

■映画「任侠学園」
原作:今野敏
監督:木村ひさし
脚本:酒井雅秋
出演:西島秀俊、西田敏行、生瀬勝久、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子 ほか
公式サイト:https://www.ninkyo-gakuen.jp/

img01
『任侠学園』(今野敏/中央公論新社)