読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

今野敏

今野敏 写真=川口宗道
職業・肩書き
作家
ふりがな
こんの・びん

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1955年9月27日、北海道三笠市生まれ。小説家、及び漫画原作者。上智大学文学部新聞学科卒業。在学中、糸東流の空手同好会に所属した格闘家でもある。上智大学在学中の1978年に執筆した『怪物が街にやってくる』(2009年、朝日新聞出版)で「第4回問題小説新人賞」を獲得し、作家デビューを果たす。2013年、日本推理作家協会代表理事に就任。

警察庁のキャリア官僚の活躍を描いた警察小説シリーズ『隠蔽捜査』(2005年、新潮社)は、最新作『清明 隠蔽捜査8』(2018年、小説新潮)を含む既刊長編7作と、『空席』を含むスピンオフ短編集2作から成る。2006年、『隠蔽捜査』で「第27回吉川英治文学新人賞」、2008年には『果断 隠蔽捜査2』で「第21回山本周五郎賞」、第61回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞した。また、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」(2007年3月、2008年10月4日の全2回)、またTBS系「月曜ミステリーシアター」枠内(2014年1月~3月24日。全11回)にてテレビドラマ化された。

警察小説シリーズ『同期シリーズ』は、『同期』(2009年、講談社)、『欠落』(2013年、講談社)、『変幻』(2017年、講談社)の全3巻。

東京のとある町に事務所を構え、困った人を放っておけない性格で文化事業好きなヤクザの親分・阿岐本雄蔵とその組員を描いた「任侠シリーズ」は、『任侠書房』(2004年、実業之日本社。2015年に『とせい』に改題)、『任侠学園』(2007年、実業之日本社)、『任侠病院』(2011年、実業之日本社)、『任侠浴場』(2018年、実業之日本社)がある。2作目の『任侠学園』は、西島秀俊と西田敏行両名の主演で映画化され、2019年9月27日から公開されている。

その他の著書に、『真贋』(2016年、双葉社)、『マインド』(2018年、中央公論新社)、『機捜235』(2019年、光文社)など多数ある。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1978年
『怪物が街にやってくる』第4回問題小説新人賞
2006年
『隠蔽捜査』第27回吉川英治文学新人賞
2008年
『果断』第21回山本周五郎賞
2008年
『果断』第61回日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門
2017年
『「隠蔽捜査」シリーズ』第2回吉川英治文庫賞

「今野敏」のおすすめ記事・レビュー

読書メーター×ダ・ヴィンチ「ライトに文芸はじめませんか? 2020年 レビューキャンペーン」開催!

読書メーター×ダ・ヴィンチ「ライトに文芸はじめませんか? 2020年 レビューキャンペーン」開催!

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動し、イチオシのライト文芸、キャラクター文芸作品を紹介する企画「ライトに文芸はじめませんか? 2020」で、2月17日(月)よりレビューキャンペーンが実施される。

「ライトに文芸はじめませんか? 2020 レビューキャンペーン」では、対象作品を読んで読書メーターに感想を投稿してくれた方の中から抽選で80名に図書カードネットギフト2000円分が当たる。「これは!」と思う作品を読んで、感想を投稿しよう! 応募期間は2020年3月31日(火)まで。

 また、レビューキャンペーン開催に伴い、3月から全国書店を対象に「ライトに文芸はじめませんか? 2020フェア」が展開される。

【対象作品】 『どこよりも遠い場所にいる君へ』(阿部暁子/集英社) 『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』(冬野夜空/スターツ出版) 『薬屋のひとりごと』(日向夏/主婦の友インフォス) 『時給三〇〇円の死神』(藤まる/双葉社) 『後宮の花は偽りをまとう』(天城智尋/双葉社) 『膠着 スナマチ株式会社…

全文を読む

映画『任俠学園』公開直前! “善人”すぎるヤクザの人情コメディに大注目「面白い上に泣かせどころもあるし、満点です!」

映画『任俠学園』公開直前! “善人”すぎるヤクザの人情コメディに大注目「面白い上に泣かせどころもあるし、満点です!」

『任俠学園』(今野敏/中央公論新社)

 社会貢献型ヤクザの活躍を描いた小説『任俠学園(中公文庫)』(今野敏/中央公論新社)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で映画化。2019年9月27日(金)の映画公開を目前に、ネット上では原作小説があらためて注目を集めているようだ。

 同作は義理と人情に厚すぎる弱小ヤクザ「阿岐本組」を中心とした“人情コメディ”。組長の阿岐本雄蔵は度胸も人望も申し分のない頼れる親分だが、文化的な事業に目がないところが困りもの。今回引き受けてきたのは、潰れかかった私立高校の運営だった。親分に振り回されてばかりの代貸・日村誠司たちは、百戦錬磨のヤクザも嘆くほど荒廃した学園を建て直すために奔走していく。

 コミカルな展開ながら泣けるシーンもしっかり用意されているのが同作の魅力。実際に原作小説を読んだ人からは、「深みがあるストーリーでクライマックスは涙もの。映画化されるのも納得です」「笑えるだけじゃなくてホロっとさせてくれる場面もある。スラスラ読めて息抜きにピッタリ」「『水戸黄門』のような話の流れで安心して読める。面白い上に泣かせどころもあるし…

全文を読む

西島秀俊「アドリブで返すのも必死」撮影中に10回以上反省会…! 映画『任俠学園』今野敏&西島秀俊インタビュー

西島秀俊「アドリブで返すのも必死」撮影中に10回以上反省会…! 映画『任俠学園』今野敏&西島秀俊インタビュー

 警察小説の旗手である今野敏さんが、「ヤクザだからこそ一番インパクトを与えられる話がある」と書きはじめた「任俠」シリーズ。累計45万部となった既刊4冊の中でも根強い人気の『任俠学園』が、西島秀俊&西田敏行のダブル主演で映画化され、間もなく公開される。今野さんはこの作品をどう観たのか? シリーズの魅力とあわせて紹介する。

(C)今野敏/(C)2019映画「任俠学園」製作委員会

『任俠学園』 9月27日公開 監督:木村ひさし 出演:西島秀俊、西田敏行、伊藤淳史、葵 わかな、葉山奨之、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、桜井日奈子 ほか 原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫) 製作幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ   

「任俠」シリーズの主役は、地元を愛する弱小ヤクザ「阿岐本組」。親分は、社会奉仕と世直しが生きがいで、世間のルールを守り、カタギには手を出さないのがモットーの阿岐本雄蔵だ。その右腕は、親分の気まぐれやアクの強い組員たちに振り回されながら揉め事の解決に奔走する日村。

 来る者こばまず、頼まれたら断らずの親分率いる阿岐本組は、これまで経…

全文を読む

「任侠コメディとスカパラって相性良すぎ」 映画「任侠学園」特報解禁! 主題歌は東京スカパラダイスオーケストラに決定

「任侠コメディとスカパラって相性良すぎ」 映画「任侠学園」特報解禁! 主題歌は東京スカパラダイスオーケストラに決定

 西島秀俊と西田敏行のW主演で制作される映画「任侠学園」の特報映像が公開。東京スカパラダイスオーケストラが手がける主題歌も解禁となり、「任侠コメディとスカパラって相性良すぎ!」と注目を集めているようだ。

 今野敏の小説を原作とした同作は、世間のルールを徹底して守る“社会貢献型”のヤクザ・阿岐本組の物語。組長の発案で経営不振の高校を立て直すことになった阿岐本組が、今どきの高校生や事なかれ主義の教師たちと向かい合う。西田は義理と人情に厚すぎる組長を演じ、西島は組長に振り回されがちなNO.2・日村役。伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基が組員役、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が生徒役で出演することも発表されていた。

 特報は「行くぞ!」と凄む日村のセリフから始まり、地域の住民に挨拶をしながら街を歩く組員たちの姿が。学校に潜入した日村組は教師や生徒に怯えられながらも、さまざまな問題を解決しようと奔走する。ラストでは組長が生瀬勝久演じる校長・綾小路に「私どもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と尋ねるシーンも。綾小路は「会ってすぐ」と間髪入れずに答え…

全文を読む

ヤクザが荒廃した高校を建て直す!? 西島秀俊×西田敏行W主演で『任侠学園』映画化に期待の声

ヤクザが荒廃した高校を建て直す!? 西島秀俊×西田敏行W主演で『任侠学園』映画化に期待の声

(C)今野 敏 / (C) 2019 映画「任俠学園」製作委員会

 今野敏が手がける人気小説『任侠学園』が、西島秀俊と西田敏行のW主演で実写映画化決定。ヤクザが学校の再建を目指すという突飛な設定が「なんかすごい面白そう…!」「絶対アツい作品になる」と話題だ。

 今野はこれまで、「隠蔽捜査」シリーズや「ST 警視庁科学特捜班」シリーズなど数多くの作品を生み出してきた小説家。『任侠学園』は昔気質な任侠団体・阿岐本組が活躍する「任侠」シリーズの第2弾となる。

 経営がうまくいかなくなった仁徳京和学園高校。高校を建て直すため、新しい理事が就任した。現れたのはなんと、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ、阿岐本組。見た目は怖く、荒々しかったが、義理人情の正義を貫いていく彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。しかし、金儲けのため、学校乗っ取りを図る大人たちによる罠が仕掛けられる…。

 映画の監督はドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」「民王」などの木村ひさし。そして、真面目過ぎるがゆえ、時に空回ってしまうお茶目な側面を持つ、昭和過ぎる阿岐本組ナンバー2の日村雄蔵役…

全文を読む

第3回 レビュアー大賞が開催! 課題図書は『コンビニ人間』『羊と鋼の森』など、話題の8作品!

第3回 レビュアー大賞が開催! 課題図書は『コンビニ人間』『羊と鋼の森』など、話題の8作品!

 

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と『ダ・ヴィンチ』は、8月13日(月)より、ベストレビュアーを決定するコンテスト「第3回 レビュアー大賞」を実施します。

今年も個人のおすすめ本を全国書店へ展開!  昨年開催した「第2回 レビュアー大賞」では、『君の膵臓をたべたい』を含む文庫8作品を課題図書とし、約1,500件の応募が集まりました。また、「読書メーター」と書店がタイアップして全国展開した「レビュアー大賞課題図書フェア」では、課題図書8作品すべて前期間比で売上が伸び、中には売上が前期間比900%を超えた作品も!

 今回で3回目の開催となる「読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」の課題図書は、第155回芥川賞受賞作である 『コンビニ人間』や第13回本屋大賞で大賞に選ばれた『羊と鋼の森』を含む話題の8作品。課題図書告知期間中には、読書メーターサイト上で課題図書8作品セットが 抽選で10名に当たるプレゼント企画も実施します。

 レビュアー大賞本選では、課題図書8作品の各作品につき、2名(計16名)に「優秀レビュアー賞」として5,000円…

全文を読む

警察小説の第一人者・今野敏が初の明治警察に挑む!最新作『サーベル警視庁』発売記念サイン会開催

警察小説の第一人者・今野敏が初の明治警察に挑む!最新作『サーベル警視庁』発売記念サイン会開催

『サーベル警視庁』(今野敏/角川春樹事務所)

 2016年12月31日(土)に今野敏の『サーベル警視庁』が発売されたことを記念して、2017年1月19日(木)に同氏のサイン会が「丸善 日本橋店」で行われる。  1955年に北海道で生まれた今野。1978年に『怪物が街にやってくる』で第4回問題小説新人賞を受賞。また、近年では2006年に『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞し、2008年の『果断 隠蔽捜査2』では第21回山本周五郎賞、第61回日本推理作家協会賞を受賞した経歴を持つ。そんな警察小説の第一人者とも言える同氏の最新作『サーベル警視庁』では、初の明治警察小説に挑戦している。

<『サーベル警視庁』あらすじ> 明治38年7月。国民が日露戦争の行方を見守っているなか、警視庁第一部第一課の電話のベルが鳴った。不忍池に死体が浮かんでいるという。岡崎孝夫巡査は、鳥居部長、葦名警部とともに現場へ向かった。伯爵の孫で探偵の西小路もどこからともなく現れ捜査に加わることに。殺された帝国大学講師・高島は急進派で日本古来の文化の排斥論者だという―。そして、間も…

全文を読む

ヤクザが主役の異色作! 今野敏「任侠」シリーズの阿岐本組、今度は傾きかけた病院の再建に挑む

ヤクザが主役の異色作! 今野敏「任侠」シリーズの阿岐本組、今度は傾きかけた病院の再建に挑む

『任侠病院』(今野 敏/中央公論新社)

 今野敏は30年以上に渡るキャリアのなかで、様々な小説シリーズを世に送り出してきた作家である。代表的なのは刑事達の姿を群像劇で描く「安積班」や、キャリア警察官を主人公に配した「隠蔽捜査」などの警察小説シリーズだろう。

 しかし今野には警察とは水と油の存在、すなわちヤクザが主役を務める異色のシリーズがある。それが「任侠」シリーズだ。

 任侠、と聞けば高倉健さんが日本刀を振り回して殴り込みをかけるみたいな、バイオレンスなお話を想像するでしょう? ところがこの「任侠」シリーズは全く違う。物語に登場するのは阿岐本組という、東京の下町に事務所を構える小さなヤクザだ。義理と人情を重んじ、地域密着で堅気の人間を大切にする阿岐本組の組長・雄蔵は下っ端から慕われる人望の厚い男だが、ひとつ困った癖があった。雄蔵には文化的・社会的な事業に貢献したいという憧れがあり、潰れかけた企業を見つけては経営に乗り出してしまうのである。そう、本シリーズは切った張ったの喧嘩などは一切ない。あるのは真面目な企業の再生物語なのだ。東映任侠映画だと思って…

全文を読む

「今野敏」のおすすめ記事をもっと見る

「今野敏」のレビュー・書評をもっと見る

「今野敏」の本・小説

清明: 隠蔽捜査8

清明: 隠蔽捜査8

作家
今野敏
出版社
新潮社
発売日
2020-01-20
ISBN
9784103002604
作品情報を見る
真贋 (双葉文庫)

真贋 (双葉文庫)

作家
今野敏
出版社
双葉社
発売日
2019-06-12
ISBN
9784575522297
作品情報を見る
硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)

硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)

作家
今野敏
出版社
角川春樹事務所
発売日
2006-09-01
ISBN
9784758432528
作品情報を見る
自覚 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)

自覚 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)

作家
今野敏
出版社
新潮社
発売日
2017-04-28
ISBN
9784101321615
作品情報を見る
ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人<新装版> (講談社文庫)

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人<新装版> (講談社文庫)

作家
今野敏
出版社
講談社
発売日
2014-07-15
ISBN
9784062778701
作品情報を見る
ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル (講談社文庫)

ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル (講談社文庫)

作家
今野敏
出版社
講談社
発売日
2006-05-16
ISBN
9784062753982
作品情報を見る
転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

作家
今野敏
出版社
新潮社
発売日
2014-04-28
ISBN
9784101321592
作品情報を見る
隠蔽捜査 (新潮文庫)

隠蔽捜査 (新潮文庫)

作家
今野敏
出版社
新潮社
発売日
2008-01-29
ISBN
9784101321530
作品情報を見る

「今野敏」人気の作品ランキングをもっと見る

「今野敏」の関連画像・写真

「今野敏」の関連画像・写真をもっと見る