感動の声続出! アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」69話、地獄の四将・伊吹丸の恋

マンガ・アニメ

2019/8/24

img01
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年8月18日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第69話が放送された。地獄の四将・鬼童伊吹丸が語った悲しい恋の物語に、「切ないけど胸が温かくなった」「潔い結末に涙が止まらない」と感動の声が相次いでいる。

 鬼太郎は現在、地獄の閻魔大王に命じられ“地獄の四将”と呼ばれる凶悪な妖怪を捜索中。これまで四将のうち2人と対峙してきたが、鬼太郎と同じく四将を追う少年・石動零に邪魔され一筋縄ではいかない任務となっていた。今回登場した鬼童伊吹丸は、四将の3人目となる存在。地獄から解放された伊吹丸は、妖怪に近い人間・まなに目をつけ連れ去ってしまう。

 鬼太郎やねこ娘は必死でまなを捜索するが、一向に行方がわからない。そんな中、ダムに首のない女の幽霊が出るという相談が舞い込み、放っておけない鬼太郎はひとまず現場へ。ダムで調査をしていると、そこに伊吹丸が現れダムを破壊し始めた。

 伊吹丸を止めようとする鬼太郎に声をかけたのは、連れ去られたはずのまな。まなは伊吹丸がダムを破壊する目的を知り、話を聞いてほしいと訴える。実は伊吹丸には、大昔に人間の女性と恋仲だった過去が。しかし女性が村を支配していた国主に殺され、伊吹丸もとには首だけが残されていた。怒りに燃えた伊吹丸は国をまるごと滅ぼしてしまったため、その罪で地獄送りに。しかし長い年月を経て地獄から舞い戻った今は、女性の体を探し成仏させたいと願っている。

 事情を理解した鬼太郎は、力になれるかもしれないと提案。河童に頼んでダムに沈んだ村から“首のない女”を探し出してもらう。体と首が揃った女性の霊は、伊吹丸に「ありがとう」と告げて天へ。目的を果たした伊吹丸は、自ら地獄へと帰っていく。

 妖怪と人間の恋が迎えた切ない結末には、視聴者も大号泣。「めちゃくちゃカッコいい男じゃん…!」「国を滅ぼすほど愛されてたあの子がうらやましい」「自分で閻魔を呼び出す男らしさに惚れた」と絶賛の声が後を絶たない。

 伊吹丸が地獄へ戻ったため、鬼太郎が探すべき四将はあと1人。いったいどんな妖怪が現れるのか、今後も目が離せない。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/