初めておしるこを食べるお玉に「思わずもらい泣きしてしまった」と感動の声!【アニメ「ONE PIECE」900話】

マンガ・アニメ

2019/9/7

img01
『ONE PIECE』93巻(尾田栄一郎/集英社)

 2019年9月1日(日)に、アニメ「ONE PIECE」の第900話が放送された。お玉が生まれて初めておしるこを食べるエピソードが、「思わずもらい泣きしてしまった」「お玉ちゃんにはいつもニコニコでいて欲しい!」と話題になっている。

 四皇・カイドウに支配されているワノ国は、川を流れる水が廃棄物で汚染されているような環境。ルフィがワノ国で出会った少女・お玉は、空腹を紛らわせるために川の水を飲んで体を壊してしまった。

 お玉を医者に連れていくため、狛犬の狛ちよに乗って駆けだしたルフィ。道中でゾロと再会し、ゾロが通りがかりに助けた女性・お鶴の案内で一行は茶屋に到着する。お鶴がすすめる邪含草のお茶は、医者にかかるより効果抜群な万能薬。お茶を飲んだお玉はあっという間に回復し、元気な笑顔を見せた。

 ルフィから事情を聞いていたお鶴は、二度と川の水は飲まないようにと忠告。しかし腹の虫が鳴るのを我慢できないお玉は、再び水を求めて川に走り出してしまう。お鶴はお玉の行く手を阻み、血相を変えて激怒。茶屋に連れ戻し、おしるこを差し出した。お玉にとっておしるこは贅沢な食べ物のようで、「おしるこなんて買えやしません!」とお金がないことを理由に拒絶。お代はいらないとお鶴がいくら言っても、頑なに受け入れようとしなかった。

 頑固なお玉にしびれを切らしたお鶴は、「あんたが食わないんなら、あたしゃコイツを道にばらまいちまうよ!」と再び大激怒。ようやくお玉も食べる気になり、ルフィとゾロに見守られながらお椀を抱える。

 おそるおそるお椀に口をつけたお玉は、あまりのおいしさに号泣。大喜びでおしるこを堪能するお玉の姿には、視聴者から「お鶴さんがいい人で本当によかった」「こんなに喜んでくれるならいくらでも食べさせてあげたい」「お玉ちゃんの幸せそうな笑顔が泣ける」と感動の声が続出した。

 お玉にとってこれが人生で初めてのおしるこだと知ったルフィは、幼い子どもが満足に食べることすら許されないワノ国の情勢に納得がいかない表情。果たして麦わらの一味はカイドウを倒してワノ国を救うことができるのだろうか。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/