保険業界のプロ100人が本気で厳選!『最新保険ランキング 2020』が発売

暮らし

2019/12/10

『プロ 100 人が厳選!「最新保険ランキング 2020」』(KADOKAWA)

“老後2000万円問題”が話題を呼んだ今年。将来のお金について考える中で、保険の見直しを検討した人も多いのではないだろうか。最近は新しいタイプの保険が続々と登場し、選択肢が広がる一方で、保険選びが複雑化しているのも事実。そんな中、保険選びに役立つ1冊が、11月28日にKADOKAWAから発売された。保険業界のプロ 100 人が選んだ「ジャンル別保険ランキング TOP10」を主要コンテンツとする『プロ 100 人が厳選!「最新保険ランキング 2020」』(KADOKAWA)だ。

 第三者の立場で保険を解説し、保険商品をジャンル別にランキング形式で紹介する『最新保険ランキング』。本書は“日本で一番分かりやすい保険選びのバイブル”として好評を博し、12号目を迎えた。今号においても、保険のプロである100 人の選考委員が、今最もオススメしたい保険のランキングをジャンルごとに紹介。医療、がん、収入保障、終身、定期、個人年金、引受基準緩和型医療、学資、介護、女性向け医療、外貨建て、就業不能の全12ジャンルが網羅されている。

 ランキング以外も、見逃せない内容が満載。そのうちのひとつが、人生の転機に合わせた保険の入り方、見直し方だ。就職や結婚、出産といったライフイベントは、保険について考える絶好の機会。ライフイベントの度に、必要な保障は変動する。人生に転機が訪れた時は一度立ち止まり、自分にとって必要な保険を考えてみると良いだろう。

 医療技術の進歩に応じて刻々と変化している「がん保険」についても、知っておきたいところ。「がん保険は入っているから大丈夫」と思っている人も、注意が必要だ。昔入った保険のままだと、思ったように保障が得られない可能性があるためだ。本書では現在の治療法とともに、保険で備えるべき保障が紹介されている。

 その他にも、老後資金を形成する手段のひとつとして注目を浴びている、新しい形の資産形成型保険や、正しい教育費の備え方、女性に必要な保険についても解説。保険選びの参考になるコンテンツが、盛りだくさんとなっている。

 今の保険に不安がある、どの保険に入ればいいかわからない…という人は、ぜひ手にとってみてはいかがだろうか。