「まさか特撮オタクだとは知らなかった」 和葉が仮面ヤイバーカフェで大はしゃぎ!?【アニメ「名探偵コナン」第966話】

マンガ・アニメ

2020/1/17

『名探偵コナン』97巻(青山剛昌/小学館)

 2020年1月11日(土)に放送された、アニメ「名探偵コナン」第966話。平次とコナンが殺人事件の捜査に乗り出す中、事件と関係のないところで仮面ヤイバーに大はしゃぎする和葉が「無邪気で可愛い(笑)」「今日の和葉ちゃんデレデレだなぁ」と話題になっている。

 今回の事件は、映画「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー」の制作を発表した大阪の日売テレビで発生。プロデューサーの米倉功人が着ぐるみの下敷きとなって死亡し、容疑者の1人・高内尊が逃走を試みた際に車ごと爆発した。爆破直前には京都府警の綾小路文麿警部が突然現れたのだが、彼は先日京都で脚本家・恩田崇が死亡した事件について調べに来ていた様子。高内が乗った車は米倉のものだったため、米倉は別の人間にも狙われていた可能性が浮上する。

 綾小路警部の捜査によると、米倉と恩田はかつて同じ主催による自主制作映画上映会に参加していたとのこと。大阪府警の大滝警部がその話を聞いた直後、同じ上映会の参加者・末村良平も倉庫の爆発に巻き込まれて死亡した。倉庫からは米倉の車に仕掛けられたものと同じ爆発物が検出され、大阪府警と京都府警は合同捜査本部を立ち上げる。

 日売テレビでの制作発表会に参加していたコナンと平次は、事件を捜査する傍ら映画のエキストラ撮影に参加。蘭や和葉、少年探偵団と共に怪獣から逃げ回る群衆を演じるが、平次だけ動きが固いとスタッフにダメ出しされた。なんとか撮影を終えた一行は、和葉の希望で仮面ヤイバーカフェへ。ヤイバーにあまり興味がない平次も、上機嫌な和葉によって無理やり写真撮影に巻き込まれる。

 写真では嫌々ヤイバーポーズをとっていた平次だったが、グッズのヘアピンを購入して和葉にプレゼント。満足げにのろける和葉とぐったりした平次を見比べて、コナンは平次に「よかったな…」と声をかけた。

 意外すぎる和葉のはしゃぎっぷりに、視聴者も「まさか特撮オタクだとは知らなかった」「目がマジなんだよなぁwww」「子どもに見守られながら撮る和葉ちゃん勇気ありすぎ」と大爆笑。和葉に振り回されがちな平次は、無事に事件を解決することができるのだろうか。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/