ピース・又吉、タモリに本薦める

芸能

2012/6/12

6月3日放送の『笑っていいとも! 増刊号』にて、ピースの又吉直樹が持ちこみ企画として「たまには本でも読んでみませんか? 又吉直樹SHOW」と題し、タモリやベッキーといった出演者に「おすすめの本」を挙げた。。

まず、「ドキドキする本」を読みたいというベッキーに又吉が薦めたのが、西加奈子『炎上する君』。「大どんでん返し」を望むアンタッチャブル山崎には、太宰治の短篇集『きりぎりす』を、「仕事以外はまったく本を読まない」という笑福亭鶴瓶には、ちくま文庫の芥川龍之介全集をそれぞれ推薦。いずれも又吉と縁が深い作家の小説が並んだ。

一方、「ヤンキー漫画しか読まない」という綾部には、『ビーバップ・ハイスクール』で知られる木内一裕の『キッド』を。そしてタモリには『コンサイス日本地名事典』と、大友克洋の短編集『SOS大東京探検隊』を薦めたのだが、なんとタモリが大友克洋のファンであるということがここで発覚。

さらに番組終了後にはネット書店で『炎上する君』の売り上げが急上昇するなど、又吉の“ブックコンシェルジュ”ぶりが、いかんなく発揮されたかたちとなった。

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)