ジョン・アーヴィングがあのヘミングウェイを批判!?

文芸・カルチャー

2012/7/10

 オバマが同性愛婚を認めたタイミングとも相まって、バイセクシュアルの主人公を扱うジョン・アーヴィングの新作が話題を集めている。 そのアーヴィングがインタビューに応じた、NYタイムズ電子版記事がおもしろい。ディケンズへの崇拝で有名な人らしく、自分の人生を変え、作家を志すきっかけとなった本として『大いなる遺産』の名を挙げ... 続きを読む