宮野真守が珍獣役で登場! アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2話、ホークにそっくりな新キャラが話題

アニメ

公開日:2021/1/27

七つの大罪 憤怒の審判
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

 2021年1月20日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2話。人間の言葉を話すことができるブタ・ホークにそっくりな新キャラがお目見えし、ネット上からは「ほんとに似てるねwww」「あれ、この声って…?」などの反響が相次いでいる。

 前話にて涙の再会を果たし、煉獄からの脱出を目指し始めたバンとメリオダス。同話では、2人の背後に怪しい物影が見え隠れしていた。途中でただならぬ気配に気づいたバンとメリオダスは、彼らについてまわる“謎の生物”に対して先手攻撃を仕掛けたのだが――。

 目を赤く光らせ、いかにも恐ろしげな雰囲気を漂わせる“謎の生物”。しかし実際に姿を見せたのは、ブタやイノシシのような見た目のかわいらしい珍獣であった。

advertisement

 「我が名はワイルド!」と元気よく自己紹介をした珍獣。話を聞くと、どうやら生き別れの弟を捜しているらしい。ホークの生き写しのような見た目をしていることから、バンとメリオダスは“ワイルドがホークの兄である”と予想。弟の話を聞きたがるワイルドに対し、これまでのホークとのエピソードを意気揚々と語っていた。

 とくにファンの注目を集めたのはワイルドの“声”。彼の声を務めたのは声優・宮野真守で、彼は同作でリオネス王国の聖騎士・ギルサンダーの声も担当している。そのため視聴者からは、「ギル坊とワイルドの2役とか、振り幅えぐいwww」「ギルサンダー役なのに珍獣役も引き受けるとは(笑)」といった爆笑の声が。

 珍獣と聖騎士を1人で演じ分けるとは、さすが売れっ子声優である。

アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』
放送時間:毎週水曜17:55~(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央 ほか
公式サイト:https://7-taizai.net/

この記事で紹介した書籍ほか

七つの大罪(1) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784063848021