【最新号レポ】『ヒロアカ』「嫌な予感しかしないんだが…」ラストの不穏な1コマに読者戦慄!?/ジャンプ40号

マンガ

公開日:2021/9/12

週刊少年ジャンプ
『週刊少年ジャンプ』40号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年9月6日(月)の『週刊少年ジャンプ』40号では、『僕のヒーローアカデミア』第325話を掲載。ラストの不穏な1コマに対し、「待って待って。オールマイト、大丈夫だよね?」「嫌な予感しかしないんだが…」などの反響が続々と上がった。

 麗日お茶子の魂の演説により、ついに心を動かされた雄英高校の避難民たち。ある者は泣きじゃくる緑谷出久のもとへ歩み寄り、ある者は「ヒステリックに糾弾する前に話ぐれぇ聞いてもいいんじゃねぇのか…?」と他の者たちに訴えかけていく。そしてまたある者が「答えろよ」「おまえがここで休んだら俺たち元の暮らしに戻るのかよ?」と出久に向けて問いかけると、彼は真っ直ぐな瞳で「皆が一緒にいてくれるから… 全部取り戻します」と答えるのだった――。

advertisement

 こうして避難民たちから雄英の立ち入りを受け入れてもらった出久。絶望的な状況にほんの少し希望が見え始めた心温まるエピソードだったのだが、そんな同話に反してラスト1コマには雄英に背を向けるオールマイトの姿が。

 その表情は暗く、編集部からの煽り文には「雨 未だ止まず――」と意味深な一文が添えられていたことで、今後の展開を不安視する読者が続出。「出久は1人じゃなくなったのに、今度はオールマイトが1人に…」「いったい何処へ向かう気だ? まさか死ぬとかホントやめてくれよ!?」といったコメントが後を絶たない。

 かつてサー・ナイトアイから“敵(ヴィラン)と対峙し、凄惨な死を迎える”と予知されていたオールマイト。その言葉が現実にならなければいいのだが…。

僕のヒーローアカデミア
『僕のヒーローアカデミア』31巻(堀越耕平/集英社)

この記事で紹介した書籍ほか