【最新話レポ】『ONE PIECE』「予想外の展開すぎて鳥肌止まらん」エースと一戦交えていたヤマトの記憶に視聴者騒然!/アニメ第991話

アニメ

公開日:2021/9/19

ONE PIECE
『ONE PIECE』100巻(尾田栄一郎/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年9月12日(日)に放送されたアニメ『ONE PIECE』第991話。エピソード終盤でまさかの“エース登場シーン”が描かれ、「予想外の展開すぎて鳥肌止まらん!」と視聴者を興奮させたようだ。


advertisement

 ルフィvsうるティ・ページワン姉弟のバトル中に現れ、うるティから攻撃を受ける寸前のルフィを救い出した般若面の人物。ルフィを抱えて走り出したその人物はカイドウの息子・ヤマトを名乗り、ルフィに“話したいこと”があるのだという。

 ヤマトは「安心して。危害を加えるつもりはない」と語るも、先を急ごうとするルフィは聞く耳を持とうとしない。ヤマトの腕から逃れて「知らねぇヤツにつき合ってられっか」と言い放ち、ヤマトをにらみつけながら戦闘モードに…。

 “ゴムゴムの銃乱打(ガトリング)”を放つルフィに対し、ヤマトは手にしていた金棒でガード。“ゴムゴムの火拳銃(レッドホーク)”もさばききると、突然「思い出すよ。あいつとの戦いを」と告げる。ヤマトが思い出したのは、なんと“火拳のエース”と一戦交えた日の記憶。ヤマトの振りかざす金棒を拳で受け止めたエースは、「カイドウの首を獲りにきた!」と宣言するのだった。

 ヤマトの記憶とはいえ、思わぬ人物の登場に視聴者は「久しぶりにエースの姿見れてマジ感動した」「ルフィvsヤマト戦の流れからエース登場なんて泣くに決まってるやん」と騒然。エースとの出会いは、ヤマトにどのような影響をもたらしたのだろうか。

アニメ『ONE PIECE』
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com

この記事で紹介した書籍ほか