【最新話レポ】『BORUTO』「親がどうのとかより本人だろうが!」まっすぐ夢を目指すイワベエがイケメンすぎる…/アニメ第224話

アニメ

更新日:2021/11/21

BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』15巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年11月14日(日)に放送のアニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』第224話。後ろ向きなワサビを叱咤したイワベエへ、「何事もやってみないとわからないって言う姿に惚れた」と興奮する視聴者が続出した。


advertisement

 中忍試験の次なる試合はイワベエとワサビが戦うことに。“ワサビなら伝説の化け猫を降ろす術を使える”などとプレッシャーをかけられたワサビは、終始浮かない様子。一方火影を目指すイワベエは前向きに自分を奮い立たせていた。

 いざ戦いが始まると、ワサビの家族からは「もう少しで火影になれるぞ」と声援が。イワベエはワサビも火影になりたいのだと勘違いし、否定するワサビと言い合いになってしまう。口論がヒートアップする中、ワサビは“火影になる器もないし巨大な猫を降ろすのも無理”と己の限界を決めつける。

 しかし弱気なワサビにイワベエは「もし(巨大な猫が)現れたらよぉ馬鹿馬鹿しい夢でも追いかけていいってことだよな!」と言い、戦いそっちのけで猫の像を作りだす。

 「チャクラがもたねぇだろ」と戸惑うワサビの言葉にもイワベエは止まらない。「火影ってのはよ親がどうのとかより本人だろうが!」と断言し、見事ワサビの前に巨大な猫を作り上げるのだった。

 結局イワベエは力を使い切り、ワサビの勝利で試合終了。視聴者からは「試合は負けたけどかっこよかった!」「心意気はもう立派に火影レベルじゃん」と称賛の声が相次いだ。

 今回は敗者となったイワベエだが、将来立派な忍者に育ちそうだ。

アニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/

この記事で紹介した書籍ほか