独立して書かれた短編がひとつの長編に。伊坂幸太郎のテクニックに酔え!

小説・エッセイ

2013/3/3

連作短編と言うには話が続いている。むしろ5つの章に分かれた長編と言った方がいい。ところが驚くべきことに、書き下ろしの第5章以外は、それぞれ独立した短編としてすべて別の媒体に発表されたものなのだ。つまり単体で完結していたのである。それに少しばかり加筆修正することですべてが繋がり、ひとつの長編となる。個々の短編のテーマが... 続きを読む