獄中からのメルマガ公開! ホリエモンのビジネス講座!

ビジネス・社会・経済

2013/7/14

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

ハード : iPhone/iPad/Android 発売元 : 徳間書店
ジャンル:教養・人文・歴史 購入元:Kindleストア
著者名:堀江貴文 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

発明は十六茶に似ている。まったくのオリジナル等ありえない。ありとあらゆるモノを上手にブレンドすれば、未だかつて見たことがないような深みが生まれる。大切なのは細かいひとつひとつの特性を見抜き、生かす。優れたイノベーターは、優れたハッカーでもある。それはビジネスの世界でも言えることだろう。本書の著者・堀江貴文の物事の分解能力、そしてビジネスモデルの組み立て能力には目を見はる。森羅万象の根本に何があるのか。どう組み合わせればビジネスになるのか。この本には堀江貴文の思考法が隠されている。

『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』は、獄中から送られたメールマガジンを再編集したものだ。メルマガ内のコーナー「ビジネスモデル教えちゃいます塾」と「Q&A」の内容をメインに、堀江貴文と親交のある人たちの解説が加えられている。

筆者は多くのアイデアを惜しげもなく披露している。メルマガで収益を安定されるグラビアアイドル再生モデル。世界の全70億人がターゲットになる全人口が対象となる「誕生日」サポートビジネス。女性が集まる場所に男性を集める効果的なPR戦略…。中でも私が面白いと感じたのは、「一日の摂取カロリーをコントロールする1セット買うだけの食事制限」だ。コンビニのような身近な拠点で、朝・昼・夕の食事・飲み物までダイエットパックみたいにして売ると良いのではないかというものだが、女性を中心に相当のニーズがあるだろう。また「日本では格安の吉野家の牛丼ですら独自デザインの陶磁器を使っている」と例を挙げながら「バラエティ豊かな食器群が和食の魅力を向上させている」との主張も頷ける。チープなプラスティック容器を使っている海外にビジネスチャンスを見、提案しているアイデアも光る。

こんなに多くのアイデアを教えてしまって大丈夫なのか? と疑問に思ってしまうが、彼の言葉を使って言えば、「アイデアなどには意味がない」のかもしれない。大切なのはいち早く実行させること、実然させる過程の中での気づきを大切にすることが必要だ。
だが、一番大切なのは、本当にやりたいことを見つけることなのだろう。それはメルマガ読者との「Q&A」からも見てとれる。

Q:東大中退、特にやりたいことはないが、なるべく早く金持ちになりたい。苦労は厭わない。という状態だったら、堀江さんは何をしますか?
A:やりたいことが見つかるまでダラダラします。でも、やりたいこともないのに金持ちになってどうするんですか?

好きなこと、やりたいことを突き詰めてこそ、成功する。お金が儲かる。かつて「カネの亡者」と呼ばれた堀江貴文はカネになど固執していなかったのだ。楽しいことを突き詰めていった結果が、彼に富をもたらしただけだったのだ。

この本は堀江貴文の単なるアイデア箱ではない。アイデアやQ&Aの中で、彼の思考法が垣間みられるだろう。好きなものを突き詰めて、「世間の常識」を疑ってみること。時に合理的に全てを割りきってしまうこと。「ありそうで無かった」アイデアを生み出すには、好きなことに真摯に向き合うことが大切だ。 ビジネスで一発当てようというなら、読まないわけにいかない1冊。


西原理恵子さんのイラストが目をひく表紙

ホリエモンのアイデアには、あっぱれだ

Q&Aの言葉も心に残る

ホリエモンだからこそ言える言葉がいっぱい

お金を手にするとお金への執着はなくなっていくもの…らしい
(C)堀江貴文/徳間書店