恋も買い物も、本当に欲しいものはなかなか見つからない?

コミック

2011/7/10

東京アリス (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:稚野鳥子 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

有栖川ふうは恋よりも買い物に夢中な26歳。そんなふうと昔からの友人である銀座の画廊に勤務する円城寺さゆり(25)、少女漫画家の羽田みずほ(26)、心療内科医の桜川理央(26)。4人それぞれが恋に迷ったり、落ち込んだり、突っ走ったり…。

タイプの違う4人の年頃の女性が集まれば、そりゃあ恋のカタチもさまざま。

主人公はふうだけれど、それぞれの恋愛にスポットが当てられているので、4人のうちの誰かには共感できるのではないかと思う。

本当に恋をしたことがない子もいれば、ついつい流されちゃったり、どうしてもお金がない男と付き合って苦労する子もいる。4人の女子たちはお互いのことが大好きだから、恋を応援しよう! と奮闘したり、アドバイスをするものの、うまくいかずケンカになってしまうことも。でも、思ったことを我慢せずに伝えているから、友情も長く続く。馴れ合わない女性の友情が垣間見られるのが微笑ましい。そんな中にもちょっとずつのぞく女子の嫉妬。それがまたストーリーにリアルさをもたらしている。

個人的にはふうの上司・奥薗さんが素敵なので、3巻まで読んで「うふふっ」とニヤついていましたが、今後はどうなることやら…。ふうの理想の人は「自分おたく」な人。自分のことを一番に考えてくれて、自分にお金を使ってくれる人。でも、鈍すぎて、すぐ身近に「ふうおたく」がいることに気がついていない。もう読んでいるほうがハラハラ。早く気付いてあげて! と叫ばずにはいられない。

また、注目すべきは次々と出てくるかわいいアイテムたち。ふうはお買い物好きなので、次から次へとさまざまなアイテムが登場するのだ。登場人物たちのファッションもかわいくて、女子はそれだけでもテンションがあがる! 小物までこだわっていて、参考にしたいところもたくさん! そして、買い物に行きたくなる。

あと、買い物あるあるも納得です。なぜ同じような服を何度も買ってしまうのか…。

セールでは安いからといってすぐに飛びつかず、下見に行ってから買いたいものを吟味すべきだと、この作品で改めて学んだのでした。

いくら買い物好きとは言っても、月末のカード請求が28万は恐怖

ふうの興味はいつだって男以外。買い物以外に好きなものはジブリ作品

通勤服もかわいい! お手本にしたくなるファッションの数々

それにしても、こんな素敵な上司がいながら、なぜ心が動かないのか… (C)稚野鳥子/講談社