自殺屋、ナイフ使い、押し屋…生田斗真主演で映画化された「殺し屋」シリーズの第1弾! 殺し屋たちの「生」の物語を描いた『グラスホッパー』

文芸・カルチャー

2017/11/11

『グラスホッパー』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)  世の中にはありとあらゆるビジネスがあるのだから、「人殺し」ビジネスなるものがあってもおかしくはない。伊坂幸太郎氏の『グラスホッパー』(KADOKAWA)は、人殺し業界(?)で生きる殺し屋の姿を描き出した作品。生田斗真主演で映画化されたことでも知られるこの作品は、『... 続きを読む