母の暴言・暴力から逃れるため17歳で家出…ゲイのマンガ家・歌川たいじ氏が描く毒母との愛憎劇

暮らし

2018/6/27

『新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも』(歌川たいじ/KADOKAWA)  自分の心を傷つけた親と心から向き合うには、どうしたらいいのだろう。毒親育ちの方が抱いてしまうこの悩みにそっと救いの手を差し伸べてくれるのが、ゲイのマンガ家・歌川たいじ氏が自分の母親との関係を包み隠さず描いた『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KA... 続きを読む