「ラクして儲かる」グレーゾーンビジネスの真相は? 本当に稼げる副業の見つけ方

ビジネス

2019/3/24

『グレーゾーンビジネス』(マイウェイ出版)

 収入が少ない――そんなとき、アナタならどうするだろうか。まず思いつくのは節約。使うお金を減らせば、その分、自由に使えるお金が増える。そして、もうひとつが収入そのものを増やすことだ。勤めている職場で高評価を得て、出世し、給料アップを目指す、というのがこれまでの常識だろう。

 本稿で取り上げたいのは、収入を増やすための手段として、近年注目を集めている“副業”。「何かいい副業はないかな?」とネットで調べると、「FXで簡単に月100万円」「初心者でも不動産投資で年収1000万」といった、何だか怪しい謳い文句を見たことがある、という人は多いはず。

 そういった「本当のところ、この副業ってどうなの?」という疑問に答えてくれているのが『グレーゾーンビジネス』(マイウェイ出版)だ。

「稼げる」という雰囲気をいかにも醸し出しているビジネスを、本書は“グレーゾーンビジネス”と呼んでいる。太陽光発電やマンション経営、仮想通貨、FXといった投資系ビジネスやちょっと気になる風俗業界・アイドル業界、話題のアルバイトの実態などについて幅広く書かれており、「副業に興味がある」「始めてみたいけど、どんなビジネスがあるんだろう?」と考えている人におススメだ。本稿では、本書に掲載されているビジネスの一部を紹介したい。

■スマホビジネスは儲かる?

 2018年スマホの所有率は約80%(メディア環境研究所「メディア定点調査2018」)。今や、小中学生でも持っているのが当たり前になりつつある。そんなスマホを使って、スキマ時間にお金が稼げたらこんなにうれしいことはない。

 スマホビジネスは「簡単な副業」「お小遣い稼ぎにピッタリ」などの文字がネット広告に並ぶが、実際どのような仕事があるのだろうか。

 簡単なものでは、広告サイトをクリックしたり、アンケートに答えたり、アプリのレビューを書くことで収入を得るものがある。これらの仕事はスキマ時間で作業ができる反面、簡単な単純作業なので単価が低いそう。時間に余裕があり、かつ単純作業に苦を感じないという人は向いているだろう。

 他には、自分の特技やスキルを500円から販売できるサイトや、30分単位で自分の時間を売る(単価は自分で設定可能)ビジネス、少し危険かもしれないが、顔を出して顧客と会話するライブチャットは、比較的単価が高い。

 単価が高いものはスキルが必要だったり、個人情報などのリスクも伴ったりするものが多いため、安易に始めるのではなく、きちんと情報を確認してから参入するのが良さそうだ。

■投資副業として人気のコインランドリー投資、成功の秘訣は?

 本書を読むまで知らなかったが、人気がある投資先のひとつにコインランドリー経営がある。このビジネスは初期投資さえ済ませば、働くのは洗濯機と乾燥機。メンテナンスを外注すれば、何もせずに安定収入が望めるため、本業を持つサラリーマンの副業としても注目されているという。

 確かに、家で洗濯できない布団やカーペット類が洗えるコインランドリーは、いつも駐車場は埋まり繁盛しているようだ。また、都内・郊外に限らず新しくコインランドリーが少しずつ増えている気がする。

 だが本書では、コインランドリービジネスに“失敗してしまった人”の体験談を紹介。ビジネスの成否を分けたのは「立地条件」だという。需要がある地域か、利用者が集まりやすいか、ライバル店の数はどれくらいか、などの条件がクリアできていないと、ことごとく失敗してしまう。「儲かる」と聞き、何となく始めてしまう前に気を付けたい。

 また、開業する場所が自分の土地や物件であれば、家賃分の支出が減る。立地条件良し、かつ使っていない土地や建物があれば、チャレンジしてもいいだろう。

 本書を通して読み感じたことは、「ラクして、簡単に」稼ぐことは難しいということだ。「儲かる」という言葉に踊らされ、何も考えずに手を出すことほど恐ろしいものはない。ビジネスの仕組みを知り、研究を重ねる。あるいはスキルを身に付けて副業に挑戦することが、失敗のない王道であることは間違いない。

 また、視点を変えて、自分の趣味・好きなコトに特化する道もアリだろう。カメラが趣味ならば、撮影や写真の販売、撮影会の運営など、好きなコトを軸に稼ぐチャンスを作るのも手だ。探してみれば、意外と稼ぐ方法は多岐にわたるので、調べてみるだけでもおもしろいかもしれない。本業ではない副業だからこそ楽しく稼ぎたいと思うが、皆さんはいかがだろう。

文=冴島友貴