細菌兵器で世界がパニックに…。パンデミックの恐怖を描く『復活の日』

文芸・カルチャー

2020/4/9

『復活の日(角川文庫) 』(小松左京/KADOKAWA)  世界は今、大混乱の最中にいる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、ほんの数カ月前まで当たり前だった日常は遠くなった。収束がまったく見えない未曽有の恐怖に人々が震えている。  そんな状況の中、話題になっているのが『復活の日』(小松左京/KADO... 続きを読む