呪いの井戸へ肝試しへ。ひとりずつ井戸へ向かうと「タスケテ……」と声がして、その声の主は…/意味が分かると怖い話⑩

文芸・カルチャー

更新日:2023/8/22

意味が分かると怖い話』(藤白圭/河出書房新社)第10回【全10回】

一見何の変哲もない普通のストーリーのようだけれど、「何かがおかしい…」と違和感に気づいた瞬間、心も凍る!! 藤白圭さんが描く、累計40万部突破の大人気「5分シリーズ」から派生した、1分で読める新感覚ホラー短編集。日常に潜む恐怖を描いた本作を、ぜひお楽しみください。

※大ヒットシリーズ最新刊『意味が分かると怖いQ&A』好評発売中!

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


意味が分かると怖い話
『意味が分かると怖い話』(藤白圭/河出書房新社)

井戸から伸びる手

 私の通う学校には井戸がある。

 呪われているらしく、毎夜毎夜、その井戸から手が出てきて「助けて」と悲しい声がするそうだ。

 学校の七不思議なんて、正直信じない人のほうが多い。そうなれば当然、肝試しのネタになる。友人たちと一人ずつ、井戸へ向かう。

「タスケテ……」

 本当に声がした。井戸を覗き込もうとしたら、白い手が出てきた。

 悲鳴を上げて手を振り払い、仲間のもとへと走った。

「ほ、本当に出たー!」

 先に肝試しを終えていた皆が、「幽霊なんていねーよ」と笑うが、ふと真顔になった。

「お前の前に井戸に行った良江はどこにいった?」

あわせて読みたい