読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ツバキとサクラ―海外に進出する植物たち (現代日本生物誌 8)

ツバキとサクラ―海外に進出する植物たち (現代日本生物誌 8)

ツバキとサクラ―海外に進出する植物たち (現代日本生物誌 8)

作家
大場 秀章
秋山 忍
林良博
武内和彦
出版社
岩波書店
発売日
2003-03-12
ISBN
9784000067287
amazonで購入する

ツバキとサクラ―海外に進出する植物たち (現代日本生物誌 8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どろすて

重鎮お二人による、表題2種の花の比較と検討。樹種それぞれの生育的特性(樹高や生育適温など)だけでなく、文化的な方面からもツバキがコスモポリタンな園芸種に成り得た理由を探る。ツバキが持つ、冬に大きく鮮やかな花を咲かせる特徴は250年くらい前のヨーロッパ園芸界ではセンセーショナルなものだったのだ。

2018/03/05

感想・レビューをもっと見る