読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明治の世相 (ビゴー素描コレクション 2)

明治の世相 (ビゴー素描コレクション 2)

明治の世相 (ビゴー素描コレクション 2)

作家
芳賀 徹
酒井忠康
清水勲
川本 皓嗣
ジョルジュ ビゴー
出版社
岩波書店
発売日
1989-07-07
ISBN
9784000080477
amazonで購入する

明治の世相 (ビゴー素描コレクション 2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

がんぞ

十数年前には快楽亭ブラック(初代)の落語にあるように金髪碧眼洋装というだけで斬られる恐れがあった、大久保卿や森文部大臣も暗殺される治安が不安な未開国。冷やかす目的で居留地在住人のためにフランス語で定期発行した『トバエ』/伊藤首相の大隈外相、榎本逓信相の手腕への評価が興味深い。薩摩閥と長州閥の対抗も描かれ日本人協力者の見識は高そう/海辺に屍体が沈んでいて無邪気な坊やが「取って」とせがむが、手にすると辟易したのを“不平等条約改正”に譬えている、日本人が帝国主義の激闘の中に放り込まれ、言論の自由が圧迫される懸念

2020/03/10

あさみ

仕事の関係で手にした本。社会の教科書ではお馴染みのビゴーの風刺画。解説を読みながら絵を見ると、明治の日本がどのような感じだったかよりわかりやすい。ビゴーは日本を赤ん坊で表現する事が多いけど、それは、明治の日本が世界から見れば誰かに頼らなければ生きる事ができない赤ん坊のような存在だったから。久しぶりに見ると面白いね。

2011/06/23

ヨウ

ドレスを着て三味線・唄の演奏会へ人力車で向かう婦人など、明治のおかしさを描いた絵がたくさん

2010/05/14

感想・レビューをもっと見る