読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エクソフォニー-母語の外へ出る旅-

エクソフォニー-母語の外へ出る旅-

エクソフォニー-母語の外へ出る旅-

作家
多和田葉子
出版社
岩波書店
発売日
2003-08-21
ISBN
9784000222662
amazonで購入する

エクソフォニー-母語の外へ出る旅- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チェ・ブンブン

いかに、別の言語特有の韻を翻訳するか、外来語を母国語の良さを利用して翻訳するかが分かる本。「献灯使」で異常に、「翻訳」に拘ったワケ、翻訳の基準が分かり、レポートが書きやすくなった。

2015/04/26

James Hayashi

興味のあった著者のエッセイ的な作品。エクソフォニーとはドイツ語で,母語の外に出た状態一般を指す.ドイツに暮らしドイツ語で書物を出す著者が世界の各地に招かれ旅をし、言語に関する思いを綴られている。

2015/11/19

Ecriture

母語の外へ出るエクソフォニーの概念は、なぜ外国語で書くのか、ではなく、なぜ日本語でしか書かないことを選んでいるのかという疑問に向き合うことになる。そもそも個人の内にも複数の言語の折衝があるとき、一つの言語の外へ出ないこと自体が不可能であろう。(主に)日本語・ロシア語・英語・ドイツ語の枕木を次々と通過する旅人多和田葉子は、ときに「くだらないダジャレ」と批判されることがあっても、強い信念と怒りをもって言葉の揺らぎを見つめ続ける。小説家のエッセイの中では最高クラスの作品でしょう。

2013/02/14

lgatyon

表題の第一章は、さまざまな国の街の名前が題となっていて、その街や国で筆者が体験したこと、文学や言葉に関して感じたことなどが綴られている。日本語とドイツ語の両言語で作家活動している筆者の感性はまさに複眼的で、私たちが普通考えつかないようなことをポンポン思い浮かべていてとても刺激的だった。エクソフォニーとは母語を離れて移住先の言語で表現をする、その母語ではない外国語を通して生きるということ。習得した言語で文学を創っていくことに、読者は母語信仰や硬直した規範意識などを見直すことをつきつけられている気がする。

2017/01/18

ri___o_

日本語とドイツ語で創作活動をされてる多和田さんが日々感じるコトバへの想いの中、普段なにげに母語の内側で暮らしている私までもが一緒に旅をさせてもらえたような、様々なエピソードが新鮮でとても面白かったです。表面から図り得ないそれぞれが背負った言語感覚そのものを肌理として浮かびあがらせ、それらを見極める必要のある世界で活動されてる、多和田さんの選ぶ音(言葉)は心地よく、いつまでも読み終わりたくない一冊でした。

2013/07/15

感想・レビューをもっと見る