読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

こころの眼―写真をめぐるエセー

こころの眼―写真をめぐるエセー

こころの眼―写真をめぐるエセー

作家
アンリ・カルティエ=ブレッソン
Henri Cartier‐Bresson
堀内 花子
出版社
岩波書店
発売日
2007-07-20
ISBN
9784000228732
amazonで購入する

こころの眼―写真をめぐるエセー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kei Kikuchi

芸術家は他の分野の才能を持つことも多く、キャパには小説家の、土門拳には彫刻家の、メイプルソープにはミュージシャンとしての高い才能が感じられます。ブレッソンにはどのような才能が同居しているのかと考えると、ありません。優れたデッサン力を持ち文章も見事ですが、その才能が写真と交わることはなく、カメラを道具と感知せず、一体化した身体とライカには他の才能は必要ないのかもしれません。後年写真に恐れを抱いた写真家はカメラを手放します。あまりに優れた才能は美の果てのない深遠と、芸術の残酷さも見てしまったのでしょう。

2016/04/24

momo

写真家ならではの感覚と美意識。 「削り、削ぎ落とすことで審美眼は磨かれる」 「写真にせよ何にせよ、瞬間とは瞬間自体の問いであると同時に答えだ」という言葉が印象に残った。 また読み返したい。

2018/05/28

Sunlight

写真家の文章は読んでてとても清々しい。

2014/08/03

hitsuji023

写真について考え続けていなければ書けない文章の数々。この本を読むことで少しでもその感性を得られるだろうか。 写真だけではなく、文章もいいです。

2015/05/24

Koki Miyachi

20世紀を代表する写真家が写真を語った貴重なエッセイ。カメラをスケッチブックとして捉えていた彼にとって、写真を撮ることとは何か。写真にとって決定的な要因である「時と場所」について。優れた表現者として彼が敬愛してきた友人たちについて。ジャコメッティ、エルンスト・ハース、ロベール・ドアノー、キャパ、ルノワールなどなど・・・ 想いがこもった文章と、決定的瞬間が切り取られた写真で構成されたエッセイが、魅力的でないハズがない。

2013/10/05

感想・レビューをもっと見る