読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫)

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫)

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫)

作家
アーシュラ・K・ル=グウィン
ゲイル・ギャラティ
Ursula K. Le Guin
清水真砂子
出版社
岩波書店
発売日
2009-02-17
ISBN
9784001145908
amazonで購入する Kindle版を購入する

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たつや

初老?になった大賢人ゲドのもとにアレンと名乗る一人に青年が現れる。アレンは古い国の王子だった。王からの伝言を預かりやって来たのだ。市民は土地を奪い合い戦争を繰り返し、金に目がくらみ醜く生きている。人間の醜さを描き魔法使いというファンタジー要素を壮大な物語に折り込み、「生は死の中にこそあるもの」というテーマを語りかけてくる。ジブリの映画をちゃんと観ていないので違いは不明ですが、原作本は実にジブリ的な雰囲気が強く出てます。この巻のゲドはナウシカのユパ様をイメージして読んでいました。折り返しまで来ましたが、残り

2017/01/18

きょちょ

1巻目では、主人公ゲドは少年、2巻目は青年、そしてこの3巻目では中年になっている。 「邪なるもの」が現れ、人間の魔力だけでなく、日々生きる気力さえも奪っていく。 ゲドは教え子の少年を携え退治に向かう。 1巻目同様竜が登場するが、この竜が何とも言えない良い味を出している。 この本は岩波少年文庫。 一人の人間の成長、人間の生と死というかなり哲学的なテーマなのだが、少年少女たちはこのテーマをどのようにとらえ読んだのだろうか、そこに興味がいく。 ★★★★

2020/10/02

くくの

死を拒めば、生をも拒んだことになる。1巻で影、2巻で自由、そして、今回は生を扱っている。 エレス・アクベの腕輪が戻り、平和が訪れたはずの世界に今度は魔法と歌が失われていく。それは堅牢に守られたロークでも例外ではなかった。それを解決するため、ゲドとアレンは旅を始める。今までで一番ダイナミックに移動があり、アレンの心情の変化もあり、面白かった。ただ私は生にそこまで執着がないせいか、理解はできても共感できないとこがあった。でも、その共感できないとこに大切なものがある気がした。

2020/06/23

カラスノエンドウ

生があるから死もまたある。重いテーマですが、少し和むのは大賢人となったゲドの素顔。その肩書きを外した所で見せる茶目っ気や、アレンを静かに見守る優しさに安らぎを覚えました。 影や闇が濃く暗いほど、光や生ある喜びが眩しく輝く-『ゲド戦記』を読んだ後は、いつもそう感じます。【All Hallow's Eve Fantasy読書会】

2019/10/24

Akihiro Nishio

まだ3巻目なのに、ゲドは初老の大賢者となっていて力を失いつつある。最初は辺境海域で魔法の力が失われたという報告があり、若者を連れて調査に出かけるが、徐々に海域全体から魔法の力が失われていくのを目撃。この世界の魔法は自然界の均衡を元に形成されているが、そこに永遠の命という概念を持ち込んで魔法を無力化するという話の骨格は理解できなかった。なぜ同伴した若者が王になるのかも。とにかく壮大な話ではある。まだ折り返し地点なのに精も根も尽き果てたように見えるゲドは、これから何をするのか?ヒロインは数行回想されたのみ。

2018/12/18

感想・レビューをもっと見る